5月15日より、NTTドコモau がGalaxy S5 の販売を開始しました。Galaxy S5はシリーズ初となる指紋認証機能を備え、サムスンが提携する決済サービス PayPal のアプリと連携できます。

PayPalを利用したオンライン支払いや、実店舗で「顔パス払い」をする際、IDとパスワードをその都度入力することなく指紋認証のみで利用可能です。Paypalとサムスンが開催した説明会の様子をお伝えします。 



指紋認証機能を備えた携帯電話は富士通が長年取り組んで来ましたが、昨年の iPhone 5s は Touch IDの名称で指紋認証を広く世に広めました。ところが、iPhone 5sのTouch ID機能が使えるのはロック解除など本体機能と、 iTunes Store、App Store、iBooks Store などアップル公式ストアのみに限定されています。

GALAXY S5ではサムスンとPaypalの提携により、Paypal払いができる多くのオンラインストアで指紋認証購入が可能になりました。購入する段階でPayPal支払いを選ぶと、クレジットカード情報やパスワードなどを入力することなく、GALAXY S5本体下部にある指紋センサーで認証してくれます。

リアルの店舗でも利便性が向上しており、ヤマダ電機 LABI 渋谷カフェ ネスカフェ原宿で利用できる顔パス払いでも、PayPalのIDやパスワードをそのつど入力せずに会計ができます。PayPalアプリはセキュリティのため30分ごとに自動でログアウトしてしまいますが、指紋認証であれば簡単に再ログインできます。


説明会でPayPalの杉江智彦部長にインタビューしました。PayPalの今後の展開について「リアル店舗により普及させていきたい」と話しました。

リアル店舗で非接触決済(Suica、Edy、QUICPayなど)を導入しようとすると、それなりのコストが掛かってしまいます。しかし、PayPalはAPIを組むだけで導入可能。杉江部長は、全国に多くの店舗を抱えているチェーン店ほど、PayPalを導入するほうがコストを削減できるとしています。

加えて、チェーン店がPayPalを導入すると店側が顧客のアカウントを管理でき、CRM(顧客管理)ツールとしてデータ解析に利用できます。



杉江部長はまた、「Gear FitGear 2といったリストバンド型デバイスとPayPal連携できるようになると面白いでしょう」と話しました。Gear2にPayPalが連携されれば、ランニングの途中でも買い物に立ち寄ることができます。杉江部長は「携帯電話ではないものを財布に」が、PayPalのやりたいことだ、と述べています。