ソニーα7S正式発表、税別23万円で6月20日発売。最高ISO409600、HDR、4K録画対応

関根慎一 (Shinichi Sekine)
関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2014年05月16日, 午後 08:45 in alpha
0シェア
FacebookTwitter

ソニーが、Eマウントのミラーレスカメラα7Sを正式発表しました。発売は6月20日。ソニーストアでの販売価格は税別23万円。

最高ISO409600の高感度撮影が可能なミラーレスカメラ。約1220万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載し、1920×1080ドット、60pの動画記録に加え、HDMI経由で3840×2160ドットの4K動画を外部レコーダーに出力可能。また、ダイナミックレンジが広く、低照度下でのAF性能が向上し、-4EVまでの環境でも合焦できるとしています。

ISO409600の高感度撮影は静止画だけでなく動画にも対応。常用感度はISO102400。ISO409600で撮影した動画のサンプルはこちらでも紹介しています。
24p/30pでの動画記録時においては、全画素読み出しに対応。画素混合をしないことでモアレやジャギーの発生を抑制する効果があります。世界初としています。

また、従来機には非搭載の新機能としてサイレント撮影機能を追加。電子シャッターを使用することで、シャッター音をたてずに撮影可能です。

そのほかの主な仕様はα7、α7Rと同等。画像処理エンジンはBIONZ X。ファインダーは約236万ドットの0.5型有機ELファインダー。モニターは92.1万ドットのチルト式3型液晶。内蔵Wi-FiやNFCも装備しています。

本体サイズは約126.9×94.4×48.2mm。重量は446g。

α7Sは、高感度、ハイダイナミックレンジ、4K動画記録に特化した製品といえるでしょう。
兄弟機にあたるα7Rは3640万画素のローパスレスCMOSセンサーを搭載した高解像特化、α7は2430万画素のCMOSセンサーとコントラストAFに像面位相差AFを組み合わせたファストハイブリッドAFを備える点から、高速AFと画質のバランスを取った位置付けと見ることができます。ソニーも、それぞれのカラーの違いをアピールしています。

ところで、ボディはそれぞれ特徴のあるラインナップになってきたわけですが、Eマウントは比較的新しいレンズマウントということもあって、以前より交換レンズの充実が望まれてきました。現行の純正Eマウントレンズは全部で16種類ですが、レンズロードマップを見ると、年間5本のペースでラインナップを拡充することがわかります。

ロードマップでは、2014年中にパワーズームレンズのFE PZ 28-135mm F4 G OSSと広角ズームレンズVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの2本に加え、マクロレンズと大口径単焦点レンズの追加が示されています。こちらもどのようなものが出てくるのか、楽しみに待ちたいところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: alpha, alpha7s, e-mount, LatestNews, MirrorLess, SONY
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents