4Kテレビ試験放送は『Channel 4K』、6月2日からCSデジタルで開始。1日6時間程度

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年05月20日, 午後 03:55 in 4k
0シェア
FacebookTwitter


次世代放送推進フォーラム NexTV-F が、6月2日から始まる4Kテレビ試験放送の概要を発表しました。チャネル名は「Channel 4K」。124/128度CSデジタル放送のCh番号502で、音楽・スポーツ・ドキュメンタリーなどNexTV-F加盟局が制作した4K番組を放送予定です。

試験放送のため視聴は無料。ただしすでに4KテレビとCSデジタル対応アンテナを持っていれば観られるわけではなく、現時点で市場に存在していない4Kテレビ受信機(チューナー)を別途購入する必要があります。

Channel 4K の放送形式は 3840 x 2160 の4K解像度、秒間60フレーム、圧縮方式はHEVC。

規格どおりに視聴するためには、HDMI 2.0(4K60p)対応のHDMI入力端子を備えた4KテレビやモニタとハイスピードHDMIケーブル(カテゴリー2)に加えて、Channel 4Kの放送形式に対応したスカパー! プレミアムサービスチューナー、スカパー!ICカード、および124/128度CSデジタル対応アンテナが必要です。

また無料の試験放送ではあるもののスクランブルはかかっており、電話でスカパー!ICカードの番号を伝えて申し込む必要があります。

試験放送の終了期間は未定。当初は1日6時間程度から、「受信機の普及に資するよう」段階的に放送内容を拡大する予定です。シャープが発表した4Kチューナー内蔵「AQUOS 4Kレコーダ」TU-UD1000は6月25日発売予定。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, 4kTv, Channel 4K, hevc, nextv-f
0シェア
FacebookTwitter