au版 GALAXY S5 がアップデート、WiMAX 2+やCA技術に対応

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年05月21日, 午後 12:10 in au
0シェア
FacebookTwitter


KDDIは、かねてより案内していたサムスン製 GALAXY S5 SCL23 のアップデータの提供を開始しました。今回の更新でWiMAX 2+に対応するほか、夏のスマートフォンから対応するキャリアアグリゲーション(CA)技術をサポートします。

GALAXY S5は上位モデルの噂もありますが、今回の更新によってこれまでモバイルWiFiルーターHWD14のみだったWiMAX 2+製品にスマートフォンが加わります。またCA技術の導入で下り最大150Mbpsを実現します。 



5月15日発売のGALAXY S5 SCL23は、当初WiMAX 2+やCA技術をサポートしておらず、後日端末ソフトウェアのアップデートでそれらに対応すると案内していました。後日アップデート対応はドコモ版も同様で、こちらは後日VoLTEに対応予定です。

ちなみに、WiMAX 2+対応スマートフォンの登場は初めてです。ただしWiMAX 2+はTD-LTE方式ですから、正確に言えばTD-LTE方式対応のスマートフォンはauとしては初。ソフトバンクが SoftBank 4G LTE の名称でTD-LTE対応スマートフォンを投入しています。




CA技術は、auの2.1GHz帯と800MHz帯のFDD-LTE方式を同時に利用して、通信の安定性向上と下り75Mbps x 2 で下り最大150Mbpsを実現するというもの。本物の4GともいえるLTE-Advancedの1つの特長です。

なお、サービス導入時の対応エリアはおよそ2500地点と、現状でCA技術の実力が試せるエリアはまだまだ少ないと言わざるを得ません。KDDIでは来年3月末までに2万地点にまでエリアを拡大する計画です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au, au 2014 summer, FddLte, galaxy, Galaxy S5, kddi, kddi au, lte, lte-advanced, samsung, TD-LTE, tdlte, wimax, WiMAX 2 plus
0シェア
FacebookTwitter