動画:マイケル・ジャクソン、ホログラムでビルボード音楽祭に出現。ステージを披露

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年05月20日, 午後 03:17 in Billboard Music Awards 2014
0シェア
FacebookTwitter

米国ラスベガスで開催された音楽賞イベント Billboard Music Awards 2014に、2009年に亡くなったマイケル・ジャクソンがホログラムで登場し、没後の新アルバム XSCAPE から新曲 Slave To The Rhythm を披露しました。ステージの様子は続きの動画をどうぞ。


没後の二枚目の新アルバム XSCAPE に収録された Slave To The Rhythmは、1991年にアルバム Dangerous のために制作・レコーディングされたものの未収録だった楽曲。今回のステージはモーションキャプチャやCGで新たに再現したものですが、衣装も舞台装置も Dangerous 当時のアートワークを再現しています。映像制作は、音楽ビデオや広告映像を手がけるTricycle Logic社。

ホログラム投影は新規開発の技術を含む高度なものとされているものの、電子の歌姫のコンサートと同様、ステージの二次元録画からはよくわかりません。(周囲や観客のあいだで踊るダンサーなど16名は実物です。念のため)。未発表のお蔵入り楽曲を死後に発表され踊らされる本人の気持ちは分かりませんが、ファンの心とEpic / ソニーのビジネスのなかで不滅の存在になったことは間違いありません。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Billboard Music Awards 2014, michael jackson, Tricycle Logic, XSCAPE
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents