動画:東京大学 石川渡辺研のジャンケン必勝ロボ。1000fpsで認識して瞬間的に後出し

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年05月22日, 午後 04:00 in robot
0シェア
FacebookTwitter


現在パシフィコ横浜で開催中の 人とくるまのテクノロジー展2014 より。東京大学 石川・渡辺研究室は、勝率100%をうたう じゃんけんロボットを出展しています。

石川・渡辺研では人間を超える認識行動システム実現を目標として今回のロボットを開発。将来的には自動車の事故防止システムなどへの応用を考えています。

なにはともあれ、まずはロボットの後出しジャンケンの様子を動画でご覧ください。 



じゃんけんロボットのシステム自体は非常にシンプル。ようするにカメラでグー・チョキ・パーを認識して、ロボット側がそれに対応する勝つアクションを起こすというものです。人間の目は約30fpsで認識しており、この一連の処理を高速に実行するとほぼ後出しには気づかないとしています。

高速ビジョン(カメラ)は1000fpsで人の手の動きを得て、高速に画像処理を実行。ロボットハンドにフィードバックします。カメラとロボットハンドの入出力の制御は1ms毎に実行しており、ロボットハンドは、0.1秒で180度の開閉運動が可能です。



公開されたデモンストレーションでは、グー・チョキ・パーを出すとことごとく(後出し)でロボットに敗北。ある参加者はあまりに負けるのが悔しかったのか、親指と人差し指をピストル風に開く田舎チョキ(男チョキ)で応戦。スタッフに「それはダメです」とたしなめられていました。

石川渡辺研究室は2011年から「勝率100%のじゃんけんロボット(人間機械協調システムの実現)」研究を公開し改良を続けてきました。当初は「手」が完成してから認識していたところ、バージョン2では完成前の動きからグー・チョキ・パーのどれかになるか認識して「先出しもしくは同時に「手」が出る」じゃんけんもすでに実現しています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: robot, Tokyo University, TokyoUniversity
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents