Google、Windows版 Chromeの拡張機能をウェブストア経由に限定。ストア外入手は導入済みでも無効化

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年05月28日, 午後 07:09 in chrome
0シェア
FacebookTwitter


Google が、Windows 版Chrome の拡張機能を、Chrome ウェブストアからのみインストール可能にしたと発表しました。

通常Chrome は拡張機能をインストールするか毎回ユーザーに確認しますが、一部の悪意ある拡張機能はユーザーが気づかないうちにインストールされ、新しいタブのデフォルト表示ページを勝手に別のページに書き換えるなど設定を乗っ取ることがあります。

このような悪意のある拡張機能からユーザーを守るために、今回の仕様変更に至ったとGoogle は説明しています。

この変更によって、すでにChrome へインストール済みのストア外から入手した拡張機能は、ストアで配信されるまで起動できなくなり、再インストールや有効化も不可能になります。

仕様変更の対象はWindows 版Chrome のみ。それ以外のOS 用Chrome は、従来通りストア外から拡張機能をインストールできます。

変更を残念に思うユーザーも多いと思われますが、ストア外で配信されている拡張機能は、たとえ悪質なものであってもGoogle 側で配信停止などの対処が難しいという問題があります。

なおChrome の拡張機能は、ストアで配信されているものでも、自動更新によってマルウェア化するなど悪質なものがあることに注意が必要です。(Google、悪質な広告を挿入するChrome 拡張をストアから削除。自動更新でいつの間にかマルウェア化)


一方、拡張機能の開発者は、今後も開発のためにローカルでのインストール可能なほか、インラインインストール機能を利用して自分のサイトで配信もできます。

インラインインストールとは、ストアに登録したアプリを、自分のサイトでユーザーが直接インストールできるようにする仕組み。登録したアプリをストア内のリストに表示せず、自分のサイトでのみ配信することも可能です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chrome, extension, extensions, google, google chrome, GoogleChrome
0シェア
FacebookTwitter