国内でも7月17日より販売を開始するSurface Pro 3ですが、発表会終了後、短い時間ながら製品を手に取ることができました。ここではその際の印象をお伝えします。

個人向けのラインナップは、メモリとCPUによって異なります。 なお、Core i3の製品は8月発売予定。それ以外は7月17日。個人向けの製品構成は以下の通りです。個人向けは全てOffice搭載。

 

【個人向け販売構成】※メモリ増設不可
CPU メモリ 記憶域(使用領域) 税抜価格
Core i3 4GB 64GB(約48GB) 9万1800円
Core i5 4GB 128GB(約98GB) 11万1800円
Core i5 8GB 256GB(約214GB) 13万9800円
Core i7 8GB 256GB(約214GB) 16万4800円
Core i7 8GB 512GB(約452GB) 20万2800円

この商品ラインナップにSurface penと電源アダプタを同梱。以下のアクセサリも用意しています。

・Surface Proタイプカバー(ブラック/ブルー/パープル/シアン)/1万2980円
・Surface Pen /4980円
・イーサネットアダプタ /3980円
・36W 電源ケーブル / 7980円。

なおキーボードカバーの国内販売は日本語キーモデルのみ、英語キーが好きな方は海外サイトなどで購入する必要があります。



製品を手にしてみると、Surface Pro 2よりも非常に軽く感じます。端末全体のバランスにも考慮しているのか、とくに両手で持った際に手前や奥、左右などどちらかに重さが偏っている印象がなく、PCよりも書類などを手にしている感覚に近いものがあります。

また、電源アダプタも見た目以上に軽量。具体的な重さは回答してもらえなかったものの、電源と一緒に持ち歩いてもよいかもしれません。バッテリーライフはWeb利用時に約9時間としています。

一方、厚さは9.1mmと4.4mmほど薄くなりましたが、10インチクラスのXperia Z2 Tabletなどの印象が強いせいか、さほど薄さを実感できなかったのが正直なところ。ただし、抱えるようにして持ってペンを使うといった作業にはホールド感もあって良さそうです。

また、使い勝手がとても良さそうなのがキックスタンド。Surface Pro 2では2段階の角度調整が可能でしたが、Pro 3は150度まで可倒します。スタンド部分の開きが重く、片手で開くにはちょっと力が必要かもしれませんが、自由に角度調節できるため、タッチ操作やペン入力時に少しだけ角度が欲しいといった時に重宝しそうです。



なお、法人向けのラインナップにはCore i3のモデルはなく、i5以上となっています。また、個人向けと同じ仕様のモデルでも1万円強値段が安いのは、これは法人向けモデルはOfficeが別途購入となるため。逆に言えば、個人向けモデルはOfficeなしが現状で選べない形になっています。

ちなみに、北米ではCore i3 の最小構成モデルが799ドルです。国内個人向けモデルが米国版より1万円割高なのはOfficeがプリセットされているため。