エイサー初のウェアラブルデバイス Liquid Leap 発表。フィットネス向けリストバンド型で99ユーロ

2014年06月3日, 午後 03:30 in Acer
0シェア
FacebookTwitter


6月3日から台湾で開催されているIT企業のトレードショー「COMPUTEX TAIPEI 2014」にあわせて、エイサーが初のウェアラブルデバイス Liquid Leap を発表しました。Liquid Leapは、カロリー消費などのフィットネス向け機能とスマートウォッチ、どちらの機能も備えたリストバンド型のウェアラブルデバイスです。

Liquid Leapは1インチのタッチ対応ディスプレイを搭載した、​Gear FitSmartBand SWR10のような横長タイプのデバイス。ランニング距離や消費カロリー、睡眠サイクルがわかるフィットネス向け機能と、対応スマートフォンの電話着信やSMS受信確認、音楽の再生やスキップなどの操作が可能です。

また、Android Wear に準拠しているかは現時点では不明(問い合わせ中)。



カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジ、アクアマリンの5種類。ベルトはゴム製でバンド幅は17mm。スクウェア型のスマートウォッチのような主張の強いデザインではないので、スーツやスポーツウェアなど幅広いスタイルで身につけやすいでしょう。

バッテリーは1回のフル充電で約7日。IPX7の防水にも対応。

スマートフォンとの連携はBluetooth 4.0 でおこないます。対応機種は、現時点では同時に発表された5型のスマートフォン「Liquid Jade」のみですが、他のデバイスも追加予定。

発売時期は2014年Q3(7〜9月の間)。価格はヨーロッパではユーロ99以下(約14000円以下)での提供予定。
日本での発売は未定です。



尚、余談ですがLiquid Leapや​Liquid Jadeの発表と一緒にエイサーのマスコットキャラクター「abWuKong」も発表されています。見た目から想像出来る通り西遊記の「孫悟空」をモチーフにしたキャラクターのようで、筋斗雲はクラウドをあらわしているとのこと。エイサーのPCやタブレットではなく、Liquid Leapと思われるウェアラブルデバイスを身につけているのが印象的です。今後のエイサーが、お釈迦様の手の上で踊らされるのではなく、世界中を駆け巡ってくれることを願います。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Acer, android, COMPUTEX, computex 2014, liquid, liquid jade, Liquid Leap, smartwatch
0シェア
FacebookTwitter