バッテリー搭載のモバイルドキュメントスキャナ ScanSnap iX100が6月20日発売、世界最軽量でWiFi 搭載

Ayako Nakamura
Ayako Nakamura
2014年06月10日, 午前 10:47 in DocumentScanner
0シェア

PFUは、ドキュメントスキャナScanSnapの新製品「ScanSnap iX100」を6月20日に発売します。先月発表した新コンセプトのSnapLiteはiPhoneをスキャナにする製品でしたが、ScanSnapは王道のドキュメント専用スキャナ。小さく、バッテリーとWiFiを本体サイズ(W × D × H)273mm × 47.5mm × 36mmのスリムなボディに搭載しています。2014年4月1日現在のPFU調べにおいて、バッテリー・WiFi搭載A4シートフィード型スキャナでは世界最軽量の400gとしています。



最大の特徴は、本体にバッテリーとWiFiを搭載してワイヤレスで利用できること。なお、A4カラー片面300dpi設定でバッテリー駆動で260枚のスキャンが可能。WiFi接続は、使用場所の環境に合わせてルーターなどのアクセスポイントを経由してのWiFi接続(非IEEE802.1xならびにIEEE802.1x環境)と、アクセスポイントを経由しないアドホック接続を自動で切り替えて使用でき、PC、タブレット、スマートフォンから操作できます。

従来製品と同様、デュアルコア CPU の独自開発 GIプロセッサーを内蔵し、スキャナ本体での画像処理が可能です。スキャンスピードはA4カラー 200/300dpi設定で1枚5.2秒(片面のみ)。従来モデルのScanSnap S1100と比べて30%短縮。名刺やレシートなどの小さな書類を2枚並べて同時スキャンできる「デュアルスキャン」や、A4サイズ超の書類を半分に折ってスキャンし、後ほど自動合成する機能などスキャナ本体の大きさや使用場所にとらわれない製品です。

オープン価格で、PFUダイレクトでの販売価格は税込2万2800円。発売は6月20日。

【ScanSnap iX100詳細仕様】

本体サイズ(W × D × H):273mm × 47.5mm × 36mm
本体重量:400g
給電方式:バッテリー (USBバスパワーは充電専用)
WiFi接続方式:IEEE802.11b / g/ n準拠
USB接続方式:USB2.0/1.1
読取速度:片面 5.2秒/枚(A4カラー 200/300dpi)

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: DocumentScanner, PFU, scanner, scansnap, ScanSnapiX100
0シェア