6月15日まで開催中の東京おもちゃショー2014より。多くのブースがRCを展示していますが、その中からタカラトミーと京商のRCをご紹介します。

タカラトミーの「陸海空RC」は陸上走行、水上走行、空中飛行が可能なRC。会場のステージでは参考展示とデモンストレーションが楽しめます。

京商の「モトクロッサー大地」は防水・防塵仕様のモトクロス型RC。「モンスターハンター RCネコ式火竜車」は人気ゲームモンスターハンターに登場するネコ式火竜車を再現した戦車型RCです。それぞれブース外側に設けられたコースでデモンストレーションが行われています。





タカラトミーの陸海空RCは全長190mm、重量50g。30分の充電で5分走行できます。会場では実際走行している機体から撮影した動画が流れていました。

陸上走行はステアリングではなく機体の傾きを利用して前後左右自由に動き、空中飛行はクワッドプロペラによる安定した飛行を実現。上昇下降、前進後進、左右旋回、左右回転、左右スライド移動と多様な動きが楽しめます。また、水上では着水離水・前進後進・左右旋回が可能。

カラーバリエーションはブルーVer.とレッドVer.の2タイプ。通信は2.4GHz帯を使用し、10台までの同時走行に対応しています。


京商の「モトクロッサー大地」は防水・防塵仕様のモトクロスバイク型RC。サスペンション機能とメカニカルジャイロ機能を搭載し、遊ぶ場所を選ばず楽しめます。
走行の模様は公式動画でご覧ください。



ライダーフィギュアが乗った車体は、サスペンションをストロークさせるリアルな走行を実現。ジャイロ機能で高速、低速、悪路、水面など変化する路面でも倒れずに安定走行できます。操作に慣れないうちはサポートローラーで走行を補助してのトレーニングも可能。カラーバリエーションはホワイト×レッドの1タイプです。


「モンスターハンター RCネコ式火竜車」は、モンスターハンターの販売元カプコンとのコラボRC。作中に登場するネコ式火竜車をディテール細かくリアルに再現しています。

コントローラーの操作で前後進・左右旋回の旋回ができ、「発射ボタン」を使うとゲーム同様に砲撃を放つことも可能。なお、車体後ろにはオトモアイルーのフィギュア2体を乗せられます。

陸海空RCは税別9250円、10月発売予定。モトクロッサー大地は税別4980円、6月中旬発売予定。モンスターハンター RCネコ式火竜車は税別1万2800円、2014年秋発売予定。数量限定生産で8月1日より店頭予約受付開始。

【陸海空RC詳細仕様】

全長:200mm
全幅:290mm
全高:140mm
重量:50g
コントローラー:単3形アルカリ乾電池6本使用(※別売り)

【モトクロッサー大地詳細仕様】

全長:約190mm
全幅:約80mm
全高:約165mm
本体:単4形アルカリ乾電池4本(※別売り)
送信機:006P-9V乾電池1本使用(※別売り)

【モンスターハンター RCネコ式火竜車詳細仕様】

全長:約200mm
全幅:約165mm
全高:約160mm
本体:単3形アルカリ乾電池2本使用(※別売り)
送信機:単3形アルカリ乾電池4本使用(※別売り)
オトモアイルーフィギュア2体、フィギュア台座2個、砲弾6個、モンスターの的3枚付属

東京おもちゃショー2014の開催概要と見どころなど、関連記事一覧はこちら