ソニーから高速起動BDプレーヤー BDP-S6200、4Kアップスケールやハイレゾ音源再生に対応

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年06月26日, 午後 03:45 in 192khz
0シェア
FacebookTwitter
ソニーがブルーレイディスクプレーヤー BDP-S6200 を発表しました。売りは電源投入から1秒以下で起動する「高速起動モード」を備えること。ディスクを入れてから再生までの時間を、前モデル BDP-S5100 に対し10%ほど短縮しています。

前モデルと同じく天板は多面カット風ですが、シンプルな左右対称デザインになり、光沢ある仕上げとなりました。

映像面では 4K アップスケール出力機能を搭載。もしテレビ側も 4K にアップスケールする機能がある場合は、どちらを使うかをユーザーが選択します。なお、4K アップスケールは BD /DVD の 24p までの動画や静止画、USBメモリーなどに記録した静止画が対象です。

高画質化機能としてはもうひとつ、グラデーション表示をなめらかにする「Super Bit Mapping for Video」機能が特徴的です。通常、RGB 各色 8bit(=256)階調のビデオ映像を、16bit(=65536)階調にまで高めて表現する機能で、青空などの淡いグラデーションのシーンでその効果を発揮します。

ネットワーク機能としては、SEN (Sony Entertainment Network)に対応。ソニーのVideo Unlimited、Music Unlimitedに加えYouTube、Hulu、DMM.TV、U-NEXT などに対応します。

また、DLNA /DTCP-IP(ソニー ルームリンク) 経由のビデオ再生にも対応。WiFi CRETIFIED Miracast(スクリーンミラーリング)に対応するスマートフォンなどから、ワイヤレスで映像を受信してテレビ出力も可能です。
 
BDP-S6200 が再生可能な光学メディアは BD /DVD /CD および SACD 。USB メモリーやUSB-HDD に保存したファイルの再生も可能。対応する動画フォーマットは MPEG1 /MPEG2 /MPEG4 /MPEG4 AVC /WMV /MotionJPEG /Quicktime /Matroska /3gpp /3gpp2。

オーディオ機能としては、 WAV /FLAC /AIFF 形式では最大192kHz /24bit までのハイレゾ音源に対応。DSD 2.8MHz も再生します。その他の再生可能なフォーマットは MP3 /AAC /WMA /ALAC。FLAC と WAV は DLNA 経由での再生にも対応します。圧縮音源再生時には、デジタルミュージックエンハンサー機能により、カットされた高音域を補完再生します。

入出力は HDMI x1、同軸デジタル音声端子x1。USB x2。

本体大きさは幅360 x 奥行199 x 高さ43mm、重量は1.3kg。

発売は7月26日。ソニーの直販サイトでの価格は税抜き1万9800円。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 192khz, 4k, 4kVideo, ALAC, apple lossless, bdp-s6200, blu-ray player, Blu-rayPlayer, DLNA, dsd, flac, HighResolutionAudio, network player, sacd, sony, sony bdp-s6200, Sony Entertainment Network
0シェア
FacebookTwitter