YouTube が60fps 動画対応などアップデートを予告。無料の効果音ライブラリも提供開始

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年06月27日, 午後 10:00 in google
0シェア
FacebookTwitter


YouTube が今後の機能アップデート予定を発表しました。内容は60fps / 48fps 動画への対応や、YouTube チャンネルへの投資機能、視聴者による字幕の投稿機能など多数。

また60fps のデモとして、Titanfall とBattlefield Hardline のゲームプレイ動画を公開しています。まさに「ヌルヌル」と滑らかな動画は続きへどうぞ。HD 画質&全画面表示での視聴がおすすめです。



Battlefield は同じ動画の30fps 版と60fps 版を公開中。見比べるとより違いが分かります。






従来YouTube は30fps (fps = 1秒あたりのコマ数)までのサポートでしたが、60/48fps のサポートによって、より高画質な動画が視聴可能になります。

高fps 対応の恩恵はゲーム動画に限りませんが、先日には世界最大級のゲーム配信サイトTwitch がYouTube との連携を強化したほか、YouTube を傘下に収めるGoogle がそのTwitch を買収するのではという報道もありました。なおTwitch は60fps 対応済みです。

また任天堂は、YouTube における自社の著作物の二次利用を許可しているとともに、アフィリエイトプログラムも準備中です。

Twitch との連携強化や今回のYouTube アップデートは、今後のゲーム市場における動画広告の成長を見越してのことかもしれません。

そのほかのアップデート内容は、
  • YouTube Creator Studio: チャンネル運営者用の管理アプリ。最新の統計情報の確認、コメント返信、カスタマイズされた通知の受け取りなどが可能。Android 版がGoogle play で配信中。iOS 版も数週間中に配信予定。デスクトップ版もデザイン変更予定。
  • Audio Library, now with sound effects: 昨年提供開始した無料BGM ライブラリへ、新たに「ドアの開閉音」「銃声」などの効果音を追加。
  • Fan Funding: チャンネル運営者をサポートするために、視聴者が「いつでも、理由を問わず」お金を投資できる機能。
  • Creator Credits: 動画にコラボ相手のクレジットを表示する機能。クレジットはクリックでき、そのユーザーのYouTube チャンネルへ移動可能。コラボ相手を探すのにも使える。
  • Subtitles contributed from fans: 視聴者が動画の字幕を投稿できる機能。あらゆる言語に対応。
  • Info Cards: アノテーションよりクリーンなデザインの、インタラクティブな情報表示機能。1度設定するだけでデスクトップ、スマートフォン、タブレットで表示。
  • SiriusXM & YouTube: 衛星ラジオ局SiriusXM と協力し、YouTube 内の著名・注目アーティストを紹介する週1の音楽番組 "The YouTube 15," を放送。
  • More ways to playlist: 新たなプレイリスト作成方法を追加。視聴者にとって見つけやすくなり、再生回数を増やす。

新機能のうちアプリと効果音は提供中。ほかは今後数週間から数か月以内に提供予定です。なお一部の機能は特定のチャンネルで試用可能になっています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, youtube
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents