アルファロメオ公認のカスタムギターが受注開始。限定11本、製作期間は8か月

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年07月4日, 午後 12:30 in alfa romeo
0シェア
FacebookTwitter
James Lipman
英国のカスタムギターメーカー Harrison Custom Guitar が、アルファロメオからの依頼によりエンブレムとグリルをモチーフにして製作したギター、The Alfa Romeo guitar の受注を開始しました。価格は4000ポンド。オーダーから完成には8か月を要し、製作予定本数はわずか11本です。
 

  

製作者の Guy Harrison は「アルファロメオの車が持つボディライン、スポーティーさ、型破りなデザインとパッションを再現すること」を念頭にこのギターを作ったとしています。

デザインは、ギターのピックアップとブリッジ、テイルピースをアルファロメオ独特のグリルに見立てたところから始められ、ボディはもちろんアルファレッド塗装。ストラトタイプの3連ピックアップは手巻きピックアップメーカーのアームストロング製を採用しました。

グリル穴の背面部や、細かい部分にはアルファロメオ 4C をイメージしたカーボンパネルを使用。大きなアルファロメオのエンブレムも装飾ではなく、ギターボリュームの調整ツマミとして機能します。さらにネックの指板にはアルファロメオのスポーツモデルに与えられる「クアドリフォリオ」のマークがあしらわれます。

また、エンブレムの裏側には、製作者のシグネチャと製造番号を刻んだプレートを配しています。

このギターは、もとはといえば Foo Fighters のデイヴ・グロールが監督を務めた映画「SOUND CITY」のプレミアにあわせて製作されたものでした。アルファロメオは Marshall とのコラボレーションによる MiTo のコンセプトカーも公開しており、そちらの紹介映像にも The Alfa Romeo Guitar が登場します。
 
 
下の動画では、The Charlatans のティム・バージェスとマーク・コリンズが The Alfa Romeo guitar を手に "The Only One I Know" を演奏します。
 
 
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: alfa romeo, alfa romeo guitar, Foo Fighters, guitar, harrison custom guitar works, marshall, musical instrument, MusicalInstrument, The Alfa Romeo Guitar, The Charlatans
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents