オムロンヘルスケアが、体重体組成計の新機種 HBF-253W カラダスキャンを発表しました。WiFi 搭載により、測定したデータをオムロンが運営する会員制の健康管理サービス「ウェルネスリンク」に自動で送信します。蓄積されたデータは PC やタブレット、スマートフォンを使い、グラフ化して管理できます。これまでに Bluetooth でスマートフォンと連携できる体組成計はありましたが、WiFi 機能を搭載する体組成計は国内初。乗るだけでデータを転送してくれるので、測定時にスマートフォンを用意する必要がありません。

測定したデータは PC などでウェルネスリンクにアクセスすれば確認可能。また、スマートフォン向けには管理アプリ「からだグラフ」も用意し、いつでも体重などの推移をグラフで確認できます。オムロンの体組成計用アプリはこれまで Android 版のみでしたが、HBF-253W の発売に合わせて iPhone 版も公開します。

HBF-253W には最大で4人までのユーザーを登録可能。上に乗るだけで電源が入り、誰が乗ったかを自動で認識します。

測定可能な項目は、体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、対年齢、基礎代謝、BMI など。体重の最小測定単位は0.05kg(50g)。

特徴的かつ便利な機能としては、2回続けて体重を測定した時に1回目と2回目の差を表示する「体重引き算機能」があります。たとえば、1回目に赤ちゃんやペットを抱いて測定し、2回目は自分だけで測れば、その差、つまり赤ちゃんやペットの体重が分かる仕組みです。なお、測定対象は1回目、2回目どちらで抱えてもきちんと差を算出してくれます。
 

 
電源は単4型アルカリ電池4本。電池寿命は1日4回、または4人の登録ユーザーがそれぞれ1日1回測定したとして約6か月。

本体大きさは、幅327 x 奥行き321 x 厚さ30mm。重さは約2.2kg。

発売日は7月25日。税抜きの店頭予想価格は1万9800円。

なお、WiFi 対応の体組成計といえば、ほかには仏 Withings の WiFi Body Scale などがあります。こちらの測定項目は体重、BMI、体脂肪、心拍数とやや少なめで、測定したデータをツイートするという、ありがたいのかどうかわからない機能も搭載します。とはいえ、登録人数は最大8人と HBF-253W の2倍。家族が5人以上の場合はこちらのほうが取り合いにならずに済みそうです。