TDK Life on Record ブランドを展開するイメーションが、オーバーヘッド型の Bluetooth ヘッドホン WR780 を発表しました。TDK 独自のチューニングを施し、「Bluetooth の常識をくつがえす高品位サウンド」を特徴としています。


 WR780 は、柔らかく分厚いイヤーパッドで装着感や遮音性を高めたほか、TDK Life on Record のシグネチャーサウンドに基づき、低音域から高音域まで原音に忠実な音を再現するチューニングを施したとのこと。

イヤーパッドはかなり大きく、外側から見ただけでは耳たぶを覆うアラウンドイヤー型に見えなくもありませんが、実際はオンイヤー型。柔らかいイヤーパッドが耳たぶの上に密着することで遮音性を高めます。

Bluetooth 2.1 + EDR に対応し、搭載するプロファイルは A2DP /AVRCP /HFP /HSP。NFC を搭載するため、対応するスマートフォンや再生機器とはワンタッチでペアリングを完了できます。

コーデックは SBC 。SBC と言うと音質が悪い印象ですが、ビットレートを高くしたり受信側で音質補完するなどして、より高音質を確保するヘッドホンも出ています。また SBC の調整で高めた音質を売りにする機種もあります。

操作ボタンは左側のハウジング後方にあり、上から電源、曲戻し/音量アップ、再生/停止/通話、曲送り/音量ダウンの順に並びます。また、右側のハウジングには内蔵バッテリーの残量警告ランプを配置します。

内蔵バッテリーは最大で8時間の連続再生が可能。充電用に USB 端子を搭載します。また内蔵のバッテリーが切れた場合でも、付属の1.2m長コードを使えば有線接続による再生もできます。コードにはリモコンも付いており、こちらでも各種操作が可能です。

ドライバーは40mm径のダイナミック型。再生周波数帯域は 20Hz-20kHz。音圧感度は 102±3dB(1kHz)。インピーダンスは32Ω。

発売日は8月5日。価格はオープンですが、税抜きの実売予想価格は9500円前後。

なお、WR780 はカバンなどに入れる場合に「ヘッドバンドを折りたたんでコンパクトに収納可能」としています。しかし、かなり大柄なハウジングとイヤーパッドのため、折りたたんでもコンパクトに感じるかどうかは微妙なところと言えそうです。

また、TDK は WR780 と同時に有線ヘッドホン4機種も併せて発表しています。
 

 
ST560s は分厚いイヤーパッドの採用や TDK シグネチャーサウンドチューニングを施したとする、WR780 の有線モデルとも言えるヘッドホン。40mm径ダイナミック型ドライバーを採用。再生周波数帯域は 20Hz-20kHz、インピーダンスは32Ω、音圧感度102±3dB(1kHz)。カラーはブルーをアクセントにしたブラックとホワイトの2種類。税抜きの予想実売価格は5500円。
 
 
ST460s はヘッドバンドとイヤーパッドに装着感の良いソフトレザーをあしらったほか、ハウジングには制振用のメタルパネルを使用した高級感のあるモデル。40mm径ダイナミック型ドライバーを搭載し、再生周波数帯域は 20Hz-20kHz。インピーダンス 30Ω。音圧感度 104dB(1kHz)。カラーはレッドをアクセントに使ったブラックと、ホワイトの2種類。税抜き予想実売価格は3780円。
 
 
ST260s も収納しやすい回転式イヤーカップと40m径ダイナミック型ドライバーを採用するヘッドホン。ケーブルはスマートフォンに対応するリモコン付き。再生周波数は 20Hz-20kHz。インピーダンスは 32Ω。音圧感度は 95dB(1kHz)。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色ラインナップ。税抜き予想実売価格は2780円。
 

 
ST100 は5色展開の廉価モデル。ブラック/ブルー/レッド/ピンク/ホワイトをラインナップします。ドライバーは40mm径ダイナミック型。再生周波数帯域は 20Hz-20kHz。インピーダンス 32Ω。音圧感度 95dB(1kHz)。重さが約100gと軽いのも特徴です。税抜き予想実売価格は1880円。