LG が、巻けるほど薄く柔軟なフィルム状の有機EL パネルを公開しました。このパネルは、基板の素材に従来のプラスチックに代えてポリイミドのシートを採用し、薄型化と同時に柔軟性を獲得。最大で半径3cm まで丸めても、ディスプレイとしての機能を維持します。



公開されたパネルはサイズが18インチ、解像度は1200 x 810ですが、将来的には50インチ以上の「巻けるテレビ」が実現可能としています。

また同時にLG は、透明な有機EL パネルも公開しています。これはLG 独自のTransparent pixel design テクノロジーによって実現したもので、透過率は従来の透過液晶パネルの10% 前後から30% へと大きく進化しています。



LG は2017年までに、折り曲げ半径10cm かつ透過率40% 以上の、60インチを超える4K ウルトラHD パネルを開発すると述べています。