スカイマーク、無料の国内線機内インターネット接続サービスSKYMARK FREE Wi-Fi 発表。8月7日提供開始

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年07月24日, 午後 05:09 in airline
0シェア
FacebookTwitter


日本の航空会社スカイマークが、無料の国内線機内インターネット接続サービスSKYMARK FREE Wi-Fi を発表しました。2014年8月7日(木)より提供開始予定です。

国内線向けの機内WiFi サービスは、7月23日開始のJAL SKY Wi-Fi に次いで2社目。またJAL は有料サービスですが、スカイマークは無料で提供します。

SKYMARK FREE Wi-Fi は、当初はスカイマーク保有のエアバスA330-300 型機のうち1機(JA330D)に導入します。対象路線は羽田-福岡線と羽田-札幌(新千歳)線の一部。その後は年内にA330-300 全機へ導入予定です。

使用するインターネット回線は、パナソニック・アビオニクスの衛星通信サービスeXConnect。通信速度については、「通信衛星を介するサービスのため、動画再生など通信量の大きなデータのやりとりには適しておりません」としています。

利用可能な機器は、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN 対応端末。離陸後の電子機器が利用可能なタイミングに、端末の電源とWiFi 機能をオンにしてネットワークをスキャンすると「SKYMARK_Wifi」が見つかるので接続します。

利用にあたっての注意点は:
  • スカイマークでは安全上などの理由により、無料Wi-Fiサービスを停止する場合がございます
  • 機内でのご利用にあたってもマナーの観点から、一部サイトにアクセスの制限がございます
  • 本サービスは無線LANサービスを使用していますので、セキュリティーに対し脆弱性が伴います。本サービスにご利用によって生じたデータの喪失などの損害に関しては責任を負いかねますので予めご了承ください
  • 機内での無料Wi-Fiサービスのご利用に関しては、客室乗務員の指示に従ってください

なおスカイマーク保有のA330-300 型機は、全席がコンセントやフットレストなどを備える「グリーンシート」仕様なのが特徴です。また先日話題になったミニスカート制服の乗務員が搭乗するのはこの機体のみです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: airline, airlines, Skymark Airlines, skymark free wifi, wifi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents