モバイルアクセサリメーカーの 米Nomad が、iPhone付属のアップル純正USB電源アダプタと合体するモバイルバッテリー NomadPlusを発表しました。
いわゆるUSBモバイルバッテリーでは、コンセントに直挿しして自力で充電もでき電源アダプタにもなるタイプの製品が一定の人気を集めています。

iPhone の純正USB電源アダプタといえばかなり小さく、それなりに出力もあるわりには使われず余りがちですが、NomadPlus はこれと小さなUSBバッテリーを合体させて無駄なく使うアイデアです。

仕様はUSB電源アダプタとしては5V 1A出力(純正アダプタそのもの)、バッテリーは1500mAh。iPhone 5sをゼロから満充電はできないものの、70%充電できるとしています。

サイズは 70 x 34 x28mm、重量 60g。純正のUSB電源アダプタがあまり持ち歩いて使われない理由である、プラグが畳めずむき出しの点もそのままです。価格は39ドル。

コンセント直挿しかつバッテリー内蔵タイプとしてもそれほど価格競争力は高くありませんが、余っている純正アダプタが気になって仕方ない、リサイクルならぬ「アップサイクル」させてあげたい、1.5Aや2A出力の高速充電は必要ない、とにかく合体するものが好きだ、という向きにはありかもしれません。米国では予約受付中、出荷は11月予定。