リコー、スモール一眼 PENTAX Q-S1 発売。ポップで小さい PENTAX Q シリーズがレトロに刷新

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年08月5日, 午後 06:00 in PENTAX
0シェア
FacebookTwitter


リコーイメージングは、クラシックカメラのようなデザインのコンパクトなデジタル一眼「PENTAX Q-S1」を8月28日に発売します。価格はボディ単体が4万円程度、ズームレンズのセットが5万円程度、ダブルズームレンズのセットが7万円程度。

「PENTAX Q-S1」はレンズ交換の楽しさが気軽に楽しめるQマウントを採用し、ポップで多彩なカラーリングでボディ選びも楽しめる PENTAX Q7 から基本機能そのまま、ボディをより古風なデザインに刷新したモデルです。




カメラ利用者層の高齢化が叫ばれる中で、メーカー各社からはより若い層、よりライトなカジュアル層にカメラの楽しさを知って欲しい、そんな声が聞こえてくるところです。こうした中、「小さいことはいいことだ!」とばかりに登場したポップでカジュアルなデジタル一眼 Q7 がクラシカルな装いとなり Q-S1 となりました。

ボディを正面から見ると、Q7にかろうじてあったレンズグリップはなくなり、フラットの長方形となっています。Qシリーズとしては初の合成皮革を採用するとともに、ダイヤルと赤外線部にアルミ素材を使ってレトロ感を演出しています。また、ボディを上部から見ると、ライカ Mと同じようにまるでそこにロールフィルムが装填されているかのような形状。この点もクラッシックカメラ風の仕上がりです。



ベースモデルはQ7。Q7と同様、カラー受注サービスも実施します。標準カラーは4種類ですが36種類のカラーバリエーションから選べます。サイトではカラーシミュレーターも利用できます。

センサーサイズは1/1.7型裏面照射型CMOS、12.4MP。画像処理はQ ENGINEとQ7を踏襲します。手ぶれ補性機能はイメージセンサーシフト方式で、センサークリーニング機能付き。3インチ広視野角TFT液晶を搭載、記録メディアはSDXCカード。

レンズマウントはQマウント。フォーカスは顔検出機能や追尾、多点オートなど、コントラスト検出式。マニュアルフォーカスも可能。分割測光や中央重点、スポット測光に対応。



露出モードはオートやシーンセレクトのほか、シャッター優先や絞り優先、バルブ撮影、HDR撮影などにも対応します。連続撮影は最速で秒間5コマ撮影。レンズシャッターは1/2000〜30秒、非搭載レンズは電子シャッターによる1/8000~2秒。絞りは開放〜F8(レンズシャッター)。

内蔵フラッシュはポップアップ式。3秒〜24時間の間隔でインターバル撮影に対応。トイカメラ撮影や魚眼撮影などのデジタルフィルターもあります。フルHF動画撮影(30/25/24fps)に対応し、フォーカスを合わせ続けるコンティニュアスAFもサポート。マイクはモノラルとなります。

リチウムイオン充電池で駆動し、フラッシュ50%発光で約250枚撮影可能。USBのAV出力はHDMI出力に対応。大きさは約105 x 58 x 34mmで、重さは約203g。

ズームレンズキットはPENTAX-02 STANDARD ZOOM、ダブルズームレンズキットはPENTAX-02 STANDARD ZOOMとPENTAX-06 TELEPHOTO ZOOMを同梱します。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: PENTAX, PENTAX Q, PENTAX Q-S1, Pentax Q7, Q-S1, Q7, ricoh
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents