イスラエルのスタートアップ Ori Industry が、スマート電球ソケット Vocca / Vocca Pro を開発しました。Vocca は音声コマンドで電球をオンオフできる製品。上位版の Vocca Pro は、Bluetooth でスマートフォンアプリと連携し、指定した時間に点灯や消灯をさせることも可能です。現在はクラウドファンディングサービス Kickstarter で製品化のためのキャンペーンを行っています。
スマート電球にはこれまでもフィリップスの Hue や LG のスマートライトなどがありましたが、Vocca は電球ではなくソケット。既存の電球とソケットの間に取り付けます。

Vocca の特徴は、取り付ければすぐに音声コマンドで操作ができるところ。面倒な設定などは必要ありません。電球の点灯/消灯方法は、Vocca の近くで音声コマンド「Go Vocca light」と言うだけ。コマンドはこれひとつしかなく、シンプルそのものです。

Vocca Pro のほうはもう少し高機能で Bluetoooth SMART に対応します。スマートフォンアプリと連携させれば、設定した日時に電球をオン/オフできるほか、電球の操作に独自の音声コマンドを登録したりもできます。また、このアプリは複数の Vocca Pro の設定を保持できるとのこと。

音声コマンドは、Vocca とユーザーの距離が9mほどまでは動作可能であることを確認済みですが、周囲の騒音からも影響を受けるため、実使用時は、4.5m 程度までの範囲で使うのが適当としています。

現在、Vocca をもっとも安価に入手できるのは、39ドルの出資枠。Vocca Pro は49ドルの枠があります。また、3個セットや6個セットといった枠も用意してまとめ買い需要にも応えます。なお、米国外への発送は送料として12ドルが追加で必要です。

出資募集期間は9月28日までですが、開始からわずか1週間で600人以上から出資を集め、目標出資額の4万ドルもすでにクリア。このぶんだとまだまだ出資額は伸びそうです。今後のスケジュールは、製品化プロセスが計画どおりに遅延なく進んだとして、早ければこの10月にも生産を開始の予定。出荷は12月ごろとのこと。
 
下は、ミュージカル仕立ての Vocca 紹介動画。