iOSにも対応したアイ・オー『CDレコ Wi-Fi』発表。PC レスで音楽CDを取り込み・作成

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年08月7日, 午後 01:15 in cd reco
0シェア
FacebookTwitter

アイ・オーデータが、スマートフォンやタブレットとWiFi 接続し、PC レスで音楽CD の取り込みや作成が可能なCD ドライブ「CDレコ Wi-Fi CDRI-W24AI」を発表しました。

アイ・オーは今年4月からAndroid 専用USB CD ドライブ「CDレコ CDRI-S24A」を販売中ですが、W24AI は新たにiOS に対応。またWiFi 接続に対応したほか、音楽CD の取り込みに加えて作成も可能になりました。



モバイル端末との接続方法は、Android がUSB とWiFi に対応。iOS はWiFi 接続のみ対応し、USB 接続は非対応です。

取り込み時の音質は、ロスレスとAAC 320 / 256 / 128 / 96kbps の計5種類から選択可能。ロスレスはAndroid の場合FLAC Level 5、iOS はALAC (アップルロスレス)。

取り込み時間は、12曲60分13秒のCD で、iPhone 5s (iOS 7.1.2)がロスレス6分48秒、AAC 128kbps が6分42秒。GALAXY S5(SCL23 / Android 4.4.2)がロスレス9分26秒、AAC 128kbps が10分23秒。

取り込んだ曲のアーティスト名やタイトル、ジャケット写真などは、ウェブ上の音楽データベースから自動的に取得します。取得できなかった曲のタイトルなどは手動で編集できます。

またPC レスで音楽CD の作成も可能です。作成にかかる時間は、iOS / Android ともにAAC 128kbps の12曲60分13秒で約24分。



各種操作は8月下旬配信予定の専用アプリ「CDレコ」で行ないます。なおW24AI を使用して取り込んだ曲は、iOS 端末では「CD レコ」アプリでのみ再生可能。Android はCD レコ以外のアプリで再生できます。

主な仕様は、802.11 b/g/n (2.4GHz)、USB3.0 / 2.0 Micro B 端子。本体サイズと重さは、約137 x 152 x 22mm、約280g。

付属品はUSB ケーブル(USB3.0 Micro B-USB2.0 Micro B、約1m)、ACアダプタ、取扱説明書など。

直販価格は1万788円。発売は2014年8月下旬予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cd reco, CDRI-W24AI, i-o data, I-oData, IOS, wifi
0シェア
FacebookTwitter