Twitter が動画広告Promoted Video をテスト開始。ワンタップ再生可能な動画をプロモツイート

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年08月13日, 午後 05:41 in ads
0シェア
FacebookTwitter

Twitter が、新しい広告サービスPromoted Video のベータテストを開始しました。非フォロワーのタイムラインにも表示される広告ツイート「プロモツイート」として、タイムライン上でワンタップ再生可能な動画広告を配信するサービスです。

Promoted Video は、CM つき動画をツイートするTwitter Amplify プログラムを踏まえて導入する新たな広告プログラム。

新しいビデオツールや各種解析ツールとともに、当初は一部の広告主に提供します。費用は動画が再生された場合のみ発生するCost Per View (CPV) 方式。


Twitter は、今年初めにワンタップで再生できるタイムライン上の動画Twitter Video Card をテストしたところ、従来よりも高いエンゲージメントと再生回数を記録したと述べています。
タイムラインから1タップで再生できるネイティブ動画ソリューションは、広告以外にも一部のコンテンツパブリッシャーや認証ユーザーに提供済み。新機能の目的は、より多くの動画をユーザのタイムラインに表示することで、Twitter をよりリッチかつ魅力的にすることとされています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ads, PromotedTweets, twitter, twitter amplify, video ads
0シェア
FacebookTwitter