iOS版Googleスライド提供開始、PowerPointファイル対応。ドキュメントとスプレッドシートもアップデート

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年08月26日, 午後 02:29 in app
0シェア
FacebookTwitter

Google が、先日予告していたiOS 版Google スライドを配信開始しました。ネイティブのマイクロソフトPowerPoint ファイルに対応し、オフライン環境で編集できます。
また同時にiOS 版Googleドキュメントとスプレッドシートをアップデートし、ネイティブのMS Word ファイルとExcel ファイルの編集に対応しています。

今回のiOS 版Googleスライドの提供、およびドキュメントとスプレッドシートのアップデートにより、オンライン・オフラインを問わず、様々なOS で同じ環境で作業ができるようになりました。

iOS 版アプリはいずれもiTunes Store で無料配信中。iOS 7.0 以降搭載のiPhone / iPad / iPod touch で利用できます。

Google ドキュメント(iTunes Store)

Google スプレッドシート(iTunes Store)

Google スライド(iTunes Store)



なおGoogle のモバイル端末用MS Office 互換アプリQuickoffice は、すでにAndroid 版が配信終了済みなほか、iOS 版も近日中に配信終了予定です。

モバイル版Google ドキュメントなどと機能が重複するようになったため、Palm 時代から続く歴史に終止符を打つことになったものと思われます。
(Google、Quickofficeアプリの配布をまもなく終了。Palm時代から17年の歴史に幕)
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: app, apps, Excel, google, google docs, google drive, google sheets, google slides, office, powerpoint, word
0シェア
FacebookTwitter