ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2014より。アップルが9月9日のイベントで発表する見通しの iPhone 6に対応したケースと称する製品を手に入れました。さっそく中身を確認したので、iPhone 5/5sとのサイズ感の違いも含め、インプレッションをお伝えします。



iPhone 6 は9月9日(日本時間10日未明)にアップルが開くスペシャルイベントでの発表がほぼ確実視されており、画面が大型化した 4.7型と5.5型の2モデルになるらしいとうわさされています。

今回入手したケースは、ドイツで開催中の家電見本市 IFA2014でとある周辺機器メーカーが出展していたもの。Engadgetの取材であることを示すとあっさりとサンプルを手渡されました。iPhone 6 4.7型モデル用であるということです。



パッケージは精巧に作りこまれており、背面にはiPhone 6のデザインも記載。ケースの厚みを抑えたことや、UV加工の説明もあり、まるで商用製品のようです。

ただ忘れてはいけないのが、iPhone 6はまだ未発表の製品です。

うわさを元に見込みで作っただけでは?とブースの担当者に尋ねたところ「このケースは本物だ。我々はアップルから教えられたiPhone 6のデザイン情報をもとに製造している。iPhone 6は9月9日に発表され、このケースはもちろん使える」とのこと。


このiPhone 6 4.7型ケースを、4.0型のiPhone 5と並べたのが上記写真。

一回りも二回りも大きいです。ケースの厚みが加わっているとはいえ、サイズの差は歴然。

実際に手で触ってみると、ケース自体の側面はラバーで持ちやすいです。ただケースを触れているとはいえ、片手にすっぽりと収まるiPhone 5/5sとは持った感じのサイズ感が大きく異なります。iPhone 6が小さい方でも本当にこのサイズで登場するならば、片手操作に配慮するとのうわさもあるものの、これまでのユーザーからは賛否両論がありそうです。