日本語入力システムATOK で知られるジャストシステムが、iOS 8版ATOK のティーザーページを公開しました。サイトには「iOS 史上最高峰の日本語変換」という自信にあふれた言葉と、「はい。iOS 向けATOK、作ってました。」という開発リーダーのコメントが掲載されています。
ほかサイトには各種SNS へシェアするリンクがあるのみで、詳細な説明ページなどはありません。また公式Twitter アカウントも、「iOS 向けATOK をただいま準備中です」とつぶやいたのみです。

アップルは今年6月のWWDC 2014 で、iOS 8 でサードパーティ製キーボードに対応すると発表し、それを受けてジャストシステムはiOS 版ATOK を前向きに検討するとコメントしていました。

また今後はATOK のほかにも各社から様々なキーボードアプリが登場すると思われます。

参考までに、Android 用キーボードアプリでiOS 版の開発を宣言しているのは:

Fleksy Keyboard



Swype Keyboard



SwiftKey Keyboard + Emoji



Adaptxt



更新:トップ画像の一部が変わりました。前後の画像を比べると、開発リーダーのメッセージが手書きなことが強調されています。iOS 版ATOK は手書き機能が売りになるのかもしれません。

こちらは変更前のトップ画像