IFA 2014 で、ゼンハイザーがオーバーヘッド型ヘッドホンの新シリーズ URBANITE / URBANITE XL を発表しました。ストリート向けのデザインを採用し、豊かな低音が特徴のシリーズです。
 

 主に屋外で使うことを想定しており、鞄などへしまうときに便利な折りたたみ式ヘッドバンドを採用します。長さ1.2m、着脱式のケーブルにはスマートフォン用のリモコンマイクを備え、通話着信時もそのまま応答できます。​

街中での使用に耐えるよう、ヒンジ部にはステンレス、スライド部にはアルミを採用するなど可動部の耐久性を高めました。さらにハウジングも強度の高いデザインを採用したとのこと。

音の傾向としては、低域に重点を置き、ジャンルでいえば特にクラブミュージックのような低音のリズム/グルーブが強い音楽などで「深く豊かな低音を再生可能」としています

ヘッドホンの仕様は、再生可能周波数帯域 16~22kHz。インピーダンス18Ω、歪率 0.5%未満(1kHz、100dB)。音圧レベルは URBANITE が118dB、URBANITE XL が110dB。

大きさは URBANITE が200 x 230 x 82mm、URBANITE XL は200 x 230 x 100mm。

なお、iOS 機器向けと Android などその他の機器向けにパッケージが分けられている点は要注意です。

カラーラインナップは iOS 用がブラック /デニム /サンド /ネイションの4色にくわえて、URBANITE 専用色のプラムと URBANITE XL 専用色のオリーブ。

Android 他向けのカラーは、ブラックおよびデニムの2色をラインナップします。

米国サイトでの価格は URBANITE が199.95ドル、URBANITE XL が249.95ドル。
URBANITE

URBANITE XL