アップルが iCloud のストレージ を大幅値下げ、20GB 月100円から。無料分は5GBのまま

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年09月11日, 午後 08:26 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルが iCloud の有料ストレージプランを更新しました。無料で5GB は従来から変わらない一方で、今後は20GBで月額100円、200GB 400円、500GB 1200円、1TB 2400円になります。

なお従来のプランは、年額10GB 2000円、20GB 4000円、50GB 1万円。年額で比べると20GB が4000円から1200円になり、200GB を1年間利用しても以前の50GB の半額ほどで済みます。


iCloudのストレージは iOS機器のクラウドバックアップなどに使えるほか、近日中に提供予定の iCloud Driveでは、デバイスやOSをまたいだ汎用のクラウドストレージとしても使えるようになります。

iOS 8 やOS X 10.10 Yosemite とiCloud Drive の連携性について、詳細はWWDC 2014 の関連記事をどうぞ。

速報:アップル iOS 8 発表。アプリ / デバイス間連携の強化など新機能多数。秋に正式公開

速報:アップル OS X 10.10 Yosemite 発表、UI は iOSに近くフラット化


なお競合するGoogle Drive は無料で15GB が利用でき、アップグレード容量の月額は1TB 9.99ドル、10TB 99.99ドル、20TB 199.99ドル、30TB 299.99ドル。

またマイクロソフトOneDrive も、今年6月に無料容量を15GB へ倍増するとともに、アップグレード容量の月額も100GB 190円、200GB 380円へ大幅値下げしています。

マイクロソフト、OneDrive の無料容量を15GBに倍増。追加容量は約7割安に改定、100GB月190円から

ウェブストレージ単体のコストパフォーマンスではGoogle やMS に劣るiCloud Drive ですが、一方で機能面に目を向けると、OS、ハードウェア、ウェブサービスのシームレスな連携を重視するアップルの姿勢が見えてきます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, icloud, icloud drive, iCloud Storage, online storage, web storage, WWDC 2014
0シェア
FacebookTwitter