パイオニアが、スロットイン方式で世界最小最薄を謳う書き込み対応 BD ドライブ BDR-XU03J を発表しました。PC と USB3.0 で接続可能なほか、別売りのワイヤレスドックと iOS 用アプリ ODFinder を使えば、iPhone や iPad などからもディスク内の動画などを再生できます。 
ただ薄いだけではなく、ボディには振動が伝わりにくいというマグネシウム合金を採用。筐体内にはシャッター膜を配して静音性と防塵性も高めました。さらに BD や DVD などのビデオソフトやオーディオ CD 再生時は、回転数を抑える「アドバンスド静音ファームウェア」を搭載します。

オーディオ CD 再生時の音質劣化防止機能として、ディスク記録面の読み取り不良時に自動リトライする Pure Read2+ や、データ補間の頻度を抑える Real Time Pure Read 機能を搭載します。

インターフェースは USB3.0 で、OS のインストール用ディスクやリカバリーディスクから起動する USB ブートに対応します。また、ワイヤレスドック APS-WF01J と接続すれば、ドライブの WiFi 化も可能です。

対応する OS は Windows 8.1 /8 /7 /Vista /XP。APS-WF01J と ODFinder アプリを使用した場合は iPhone や iPad にも対応します。
 
 
USB3.0 接続時の最大書き込み速度は、BD-R /R DL が6倍速、BD-R XL(3層および4層)が4倍速、BE-RE /RE DL /RE XL(3層)が2倍速。DVD±R と DVD+RW が8倍速、DVD-RW が6倍速、DVD-RAM が5倍速、DVD±R DL が4倍速。CD-R/RW は24倍速。

大きさは縦133 x 横133 x 厚さ12mm。重さは245g。

電源は USB バスパワーのほか、別売りの AC アダプターも用意します。

発売時期は9月下旬。価格はオープンですが、予想実売価格は2万3000円前後。