9月25日開催のハイレゾリューションオーディオ新製品発表会で、ソニーがインイヤーヘッドホン XBA-Z5 を発表しました。口径16mm のダイナミックドライバーと2基のバランスドアーマチュアドライバーを組み合わせた「HDハイブリッド3ウェイドライバー」を搭載。ハウジングや振動板にマグネシウムを用いるなど、高音質にこだわった設計で「ハイレゾの空気感を再現」するという最上位モデルです。

 バランスドアーマチュアは新開発のリニアドライブ型で、そのうち高音域用は、振動板に剛性が高く軽量なマグネシウム素材を採用しました。さらにダイナミックドライバーには内部損失特性に優れるアルミニウムコート LCP 振動板を用い、クリアな音質の再現を可能としたとのこと。

マグネシウム素材はハウジングにも使われ、ダイナミックドライバーと一体化することで小型に仕上げています。これにより高い制振性能が得られるとともに、耳への圧迫感も軽減。ほか、通気孔で低音域を調節する ビートレスポンスコントロール を搭載します。
 
 
ケーブルは着脱可能で、左右のクロストークなどを低減する独立グランドケーブルとなっています。さらに、付属品としてポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 と接続するためのバランス駆動ケーブルも同梱します。
 
 
 
主な仕様は、感度が107dB/mW、再生周波数帯域 3Hz~40kHz。インピーダンスが32Ω、最大入力は100mW。重量は約11g。

イヤーピースはシリコンタイプが S /M /L の3サイズ、ハイブリッドイヤーピースは SS サイズを含めた4サイズを付属。ほか、着脱式イヤーハンガーやキャリングケースなども同梱します。

発売日は10月18日。価格はオープン。推定市場価格は税抜6万5000円前後。

なお、ソニーは XBA-Z5 と同じくハイレゾ音源再生に対応するインイヤー型ヘッドホン XBA-A シリーズも同時に発表しています。こちらはハウジングやバランスドアーマチュア振動板の素材が異なります。