ドコモ Galaxy Tab S 8.4 SC-03G 発表。8.4型2560x1600有機EL、専用Bluetoothキーボード付属

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年09月30日, 午前 11:45 in docomo2014winter
0シェア
FacebookTwitter

ドコモがサムスン製Android タブレットGalaxy Tab S 8.4 SC-03G を発売します。今年6月発表のGalaxy Tab S 8.4は、国内ではWiFi モデルがサムスン直営のGalaxy Shop でのみ販売されていました。ドコモ版はLTE やFOMA ハイスピードに対応するほか、統一感のある専用Bluetooth キーボードが標準で付属します。


主な仕様は、8.4インチ2560 x 1600 有機EL ディスプレイ、クアルコムMSM8974 プロセッサ(4コア2.3GHz)、3GB RAM、32GB ストレージ、802.11 a/b/g/n/ac WiFi、Bluetooth 4.0。

カメラはメイン8MP、サブ2.1MP。ほかワンセグ、フルセグ、microSDXC スロット(最大128GB)、ハイレゾ音源対応など。NOTTV、NFC、FeliCa、赤外線は非搭載で、防水防塵性もありません。

OS はAndroid 4.4。複数アプリを同時に表示するマルチウィンドウ機能や、Galaxy スマートフォンと連携して電話の着信やメールを確認できるSide Sync 機能を搭載します。

対応する通信帯域は、Xi (LTE) が2G/1.7G/1.5G/800M。3G が2G/800M/新800M。WiFi とLTE に同時接続する「高速ダウンロード」に対応します。なおVoLTE は非対応です。



バッテリー容量は4900mAh でユーザー取り外し不可。ACアダプタ05 を使用して1時間で1800mAh 充電する「急速充電2」に対応します。

本体カラーはTitanium Bronze のみ。寸法と重さは、213 x 126 x 6.6mm、約298g (予定)。SIM はmini SIM。

ドコモGalaxy Tab S 8.4 SC-03G は2014年12月中旬発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo2014winter, galaxy tab s, Galaxy Tab S 8.4 SC-03G, samsung
0シェア
FacebookTwitter