ドコモ Xperia Z3 SO-01Gは10月下旬発売。ISO 12800カメラ。ハイレゾ、フルセグ対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
0シェア
FacebookTwitter

NTTドコモは、ソニーの最新Androidスマートフォン Xperia Z3 SO-01G を 10月下旬に発売します。Xperia 史上最高感度のISO 12800 カメラや、PS4 リモートプレイ、デジタルノイズキャンセリング、ハイレゾ音源対応など、ソニーの技術力を結集させたフラッグシップモデルです。

発表の場となったIFA 2014 での実機ハンズオン記事や、PS4 リモートプレイ試用レポート記事もあわせてどうぞ。


主な仕様は、5.2インチ 1920 x 1080 トリルミナス液晶 for mobile、Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5Ghz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GBストレージ、microSD(128GBまで)、Wi-Fi a/b/g/b/ac。

背面2070万画素カメラ(Exmor RS for mobile)、前面220万画素カメラ、Android 4.4 KitKat。本体サイズは146 x 72 x 7.3mm、質量152g。



デザイン面では、ガラスの1枚板を思わせる「オムニバスデザイン」を採用。側面のメタルフレームは継ぎ目がなく丸みを帯び、Z2 のように手の平に角が当たるという感覚はなく、手によくフィットします。またZ2 と同じ5.2インチの大画面を搭載しながら薄型・軽量・コンパクト化(厚さ7.3mm/質量152g/横幅72mm)を実現し、片手での操作性も向上しました。


カラーバリエーションはXperia Z2から一新され、ホワイト・ブラック・クーパー・シルバーグリーンの4色展開に。ホワイトは背面だけでなくフロントも白くなっています。

国内モデルでは、NFCに加えFeliCa(おサイフケータイ)、ワンセグやフルセグ、NOTTVの視聴に対応。なおテレビ機能の利用には同梱の外付けアンテナが必要です。

防水防塵機能はIP65/68相当。お風呂やキッチンなどの水周りでも安心して使用できます。



LTEはクワッドバンド対応で、下り150Mbps、上り50Mbps。VoLTEにも当初から対応。対応LTE周波数は2.1Ghz、1.7Ghz、1.5Ghz、800Mhz。ドコモが年度内のサービス開始予定の225Mbps LTE-Advancedや、15年開始予定の700MHzでのLTEには非対応です。SIMはnano SIM。

背面の2070万画素カメラは、Z2よりも広角での撮影が可能。Xperia史上最高感度の ISO 12800 に対応し、暗いシーンにおける撮影性能が向上。ソニーのハンディカムの技術を取り入れた「インテリジェント・アクティブモード」搭載により、ソニーの説明によれば、走りながらの撮影でも手ブレの抑えた映像を撮影できます。被写体に3Dエフェクトを追加できる「ARファン」といった特徴的なカメラアプリケーションも充実しています。

オーディオ機能も充実。CD音質を超えるハイレゾ音源への対応に加え、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSSE」も搭載。フロントステレオスピーカーや、ソニーの説明によると98%の騒音をカットするというデジタルノイズキャンセリングにも対応します。



実機に触れた感想としては、丸みを帯びた側面メタルフレームと強化ガラスの質感が高く、PS4連携やハンディカムの技術を取り入れた手ぶれ補正など、ソニー各部門の相互作用がうまく働いた、完成度の高い端末だと感じました。10月下旬発売予定。

docomo 2014-2015 冬春モデル 発表会関連記事はこちらhttp://japanese.engadget.com/event/docomo2014winter/articles/
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo2014winter, ifa2014, ps4 remote play, SO-01G, Xperia Z3
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents