Runtastic for docomo発表、月額350円の新フィットネスサービス。着る心拍センサhitoeウェアと連携

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2014年09月30日, 午後 01:30 in announcement
0シェア
FacebookTwitter

NTTドコモは2014-2015年新商品・新サービス発表会で、 新たなフィットネスサービス Runtastic for docomo を発表しました。

月額制で、人気フィットネスアプリ Runtasticのアプリ6種を利用可能。着るだけで心拍数・心電波形を測定できる「hitoeウェア」との連携が大きな特徴です。月額350円。12月開始予定。

Runtastic社は、ランニングアプリRuntastic を中心に、フィットネスアプリ16種類を提供するフィットネスアプリの大手。

Runtastic for docomoは、ドコモとRuntastic社が提携し、Runtasticの6種類の有料アプリと30種類 のトレーニングプランが、月額350円 で使い放題となるサービスです。

初回契約時から31日間は無料で利用可能。後述するhitoeトランスミッタを購入すれば、3ヶ月間無料に。docomo IDでのログインに対応するほか、連携するスマートフォンはキャリアフリーで、ドコモ以外のAndroid/iOS端末も利用できます。ウォッチ型やバンド型デバイスや、新素材のhitoeを活用したウェア型トレーニング計測用デバイス「C3fit IN-pulse」とも連携します。

C3fit IN-pulse」は、NTT と東レが共同開発した導電性複合素材「hitoe」を採用し、着るだけでリアルタイムの心電波形や心拍数を計測可能なウェア。

計測したデータをスマートフォンへ転送する「hitoe トランスミッター 01」も用意され、着衣とスマートフォンが連携する、新しいフィットネスサービスを実現。ヘルスケア・フィットネス事業を強化するドコモらしいサービスと言えます。

hitoeウェアのC3fit IN-pulse は、男性用が2014年12月、女性用が2015年初に発売予定。



発表会場では、実際にC3fit IN-pulse を着用して自転車を漕ぎ、ウェアが計測する心拍数をリアルタイムでスマートフォンに転送するデモも披露されました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: announcement, app, docomo, docomo2014winter, fitness, runtastic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents