バッファローから1300Mbps対応WiFi ルータWXR-1900DHP、ハイレゾUSB-DAC を無線化

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年10月3日, 午前 02:26 in 802.11ac
0シェア

バッファローが 802.11ac 対応の無線LAN ルータ WXR-1900DHP を発表しました。3個のCPU による高速処理と、デジタル変調方式256QAM のデュアルバンド対応により、5GHz 帯では1300Mbps、2.4GHz 帯では600Mbps の高速通信に対応します。


CPU の内訳は、2コア1GHz の汎用が1個と、5GHz 帯と2.4GHz 帯の処理用が各1個の計3個。役割ごとに専用のCPU を搭載することで、複数の機能を同時に処理しても通信速度が落ちないとしています。

また3x3アンテナと高性能なパワーアンプを搭載し、広範囲で安定した高速通信が可能なほか、クライアントを追尾して通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」にも対応。iPhone 5s など一部の端末ではビームフォーミングEX も利用できます。

さらにオンラインゲームやストリーミング動画の鑑賞など、利用状況に合わせて通信の優先順位を設定できる「アドバンスドQoS」や、利用中のSSID をそのまま使える 「AirStation 引っ越し機能」を備えるほか、次世代IP 規格のIPv6 にも対応します。



主な仕様は、対応する規格が802.11 a/b/g/n/ac (5GHz/2.4GHz)。規格上の最高通信速度は、a/g が54Mbps、b が11Mbps、n が450Mbps、ac が1300Mbps。

セキュリティ機能は、WPA2-PSK (AES)、WPA/WPA2 mixed PSK (TKIP/AES mixed)、WEP (128/64bit)、Any 接続拒否、プライバシーセパレーター、MAC アクセス制限(最大64台)。

VPN 機能はサポートプロトコルがL2TP over IPsec とPPTP。暗号化方式は3DES、AES128、AES192、AES256。認証方式はSHA-1。最大セッション数は3で、登録ユーザー数は8です。

インターフェイスは、本体前面にUSB3.0、背面にギガビットLAN/WAN とUSB2.0。高性能なUSB デバイスサーバー機能も備え、ハイレゾ対応USB-DAC など様々なUSB 機器の遠隔操作が可能です。対応するUSB-DAC は後日公開します。

対応OS は、Windows 8.1/8/7/Vista、OS X 10.5~10.9。Mac はインテルMac のみ対応します。

寸法と重さは、185 x 185 x 41mm (アンテナと突起部は除く)、約549g (本体のみ)。電源は専用AC アダプタで供給します。

WXR-1900DHP の発売は2014年10月中旬予定。直販価格は税込2万5704円です。

なお超高速通信に対応するWiFi ルータでは、ASUS が4本のアンテナを搭載し最高速度1734Mbps のRT-AC87U を国内販売中です。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: 802.11ac, buffalo, router, wifi router, WXR-1900DHP
0シェア