本日開催のLINE 事業戦略発表イベントより。LINE がLINE@ ID をすべてのユーザーへ開放すると発表しました。


@の付かないLINE は個人向けの家族や友人とのプライベート/クローズドなコミュニケーションサービスですが、LINE@ は店舗や施設向けのオープンな集客サービスとして、LINE を使ってメッセージやクーポンなどを配信したり、LINE 内にホームページを持つことなどが可能です。

従来LINE@ は利用にあたり審査が必要でしたが、今後2014年内に法人・個人を問わず開放し、専用アプリ経由でフォロワーへの一括送信や1対1のトーク、ホーム/タイムラインへの情報発信などが可能になります。

専用アプリはiOS とAndroid に対応予定。また1人で複数のLINE@ ID を所有できます。

機能などの詳細はサービス開始時に発表予定ですが、現時点で公開されている内容を見る限りではLINE 版Twitter 的なサービスと言えそうです。