速報:iPad Air 2 発表、世界最薄6.1mmタブレット。新型プロセッサA8X搭載、Touch ID対応

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年10月17日, 午前 02:40 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


開催中のスペシャルイベントで、アップルが iPad Air 2 を発表しました。新開発のA8X プロセッサや指紋認証Touch ID の搭載など進化しつつ、厚さは6.1mm とiPad 史上最薄のモデルです。



さらに薄く、厚さは6.1mm。「世界最薄タブレット」。



低反射コートで56%反射を低減。「世界で唯一」の処理。



新世代のA8Xプロセッサを採用。iPad Air 2のために開発したプロセッサ。第二世代64bitアーキテクチャ。30億トランジスタ。









40%早いCPU、2.5倍早いGPU。M8モーションコプロセッサではモーションセンサのほか気圧計も内蔵。



カメラはそこそこ。ながら、A8Xにはアップル設計のISPを内蔵。iPad として初めてタイムラプス撮影、パノラマ撮影、連写、スローモーション撮影に対応。



前面のFaceTime HD カメラには新センサを採用。f2.2 レンズを搭載し81% 明るく。



顔検出機能の強化、Burst Sellfie(連写自撮り)、シングルショットHDR、HDR 動画撮影。



LTE 速度は最高150Mbps。対応バンドは20バンドに増加。WiFi は新たに802.11ac に対応。



Touch IDも順当に採用。iTunesやAppStoreの認証にも利用可能。





日本でのWiFi/セルラーモデルの直販価格は、16GB が5万3800円/6万7800円、32GB が6万4800円/7万8800円、128GB が7万5800円/8万9800円。

予約は米国時間で10月17日開始。出荷は来週末。

iPad Air 2 対 iPad Air 詳細スペック比較。変更点まとめ

アップル10月16日スペシャルイベントまとめページ

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, apple20141016event, ipad, iPad air, iPad Air 2, touchid
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents