JVC、ハイレゾ再生対応の一体型オーディオRD-W1発表。再生速度調整など語学学習向け機能も搭載

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年10月29日, 午後 06:20 in bluetooth
0シェア
FacebookTwitter
JVCケンウッドが、JVC ブランドからハイレゾ音源の再生も可能な一体型オーディオ RD-W1 を発表しました。USB メモリーおよび PC との接続で 96kHz/24bit までのハイレゾ音源を再生できるほか、Bluetooth、CD、アナログ入力などさまざまな音楽ソースに対応します。
 
 
RD-W1 は、USB 端子に接続した PC もしくは USB メモリーに保存したファイルの再生が可能。対応するファイル形式は FLAC/WAV/MP3/WMA。FLAC および WAV は最大 96kHz/24bit のハイレゾ音源にも対応します。CD-R/RW に記録したファイルのも再生できますが、その場合 FLAC /WAV は最大48kHz/16bit までとなります。

CD および USB からの再生では、再生速度を変更できるスピードコントロールや、指定範囲を何度も繰り返し再生する A-B リピート、5秒間スキップ機能などが使え、特に外国語を学ぶ人には重宝しそうです。

そのほか音楽 CD やラジオなどから USB メモリーへの録音機能も備えています。形式は MP3 でビットレートは192kbps。CD からは倍速録音も行えます。 
 
 
Bluetooth はバージョン2.1 + EDR、コーデックは SBC および AAC に対応。NFCによるワンタッチペアリング機能を搭載します。FM/AM ラジオは40局までのプリセット登録が可能で、AM ラジオを FM 波で中継するサイマル放送の受信にも対応します。

スピーカーは9cm径のフルレンジダブルコーン型を2個搭載。出力は13W+13W。JVC は、ボディ形状の工夫により重低音も増強したと述べています。

本体の大きさは380 x 145 x 191mm。重さ3.1kg。本体カラーはブラウン、シャンパンゴールド、シルバー、ブラック。

専用リモコンが付属するほか、Android 用Bluetooth リモコンアプリ JVC Audio Control BR1 をインストールした端末でも操作できます。

発売は11月上旬。オープン価格で店頭予想価格は2万3000円前後。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bluetooth, high resolution audio, jvc, JVC Kenwood
0シェア
FacebookTwitter