マイクロソフトとDropbox が提携、モバイル版Office でDropbox 内のファイルを直接編集可能に

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年11月5日, 午後 01:45 in cloud storage
0シェア


マイクロソフトとDropbox が戦略的提携を結びました。スマートフォン/タブレット/ウェブ版のOffice とDropbox の連携を強化し、「人々により自由な働き方を提供する」としています。


両社は提携により可能になることとして:
  • OfficeアプリからDropbox 内のフォルダやファイルへ直接アクセス
  • OfficeアプリでDropbox 内のオフィスファイルを編集・自動保存し、複数端末間で同期
  • Dropbox の共有機能を使い、オフィスファイルを他人とシェア
の3点を挙げています。



これらの機能は、数週間中に配信予定のiOS/Android 版オフィスアプリのアップデートで提供します。また2015年前半には、Dropbox のウェブサイトとOffice Online を統合予定。さらにWindows Phone / Tablet 版のDropbox アプリも数か月中にリリース予定です。


また新機能はDropbox アカウントを持つすべてのOffice ユーザが利用可能ですが、Dropbox for Business のユーザはOffice 365 の契約が必要です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: cloud storage, DropBox, Microsoft, microsoft office, onedrive, online storage
0シェア

Sponsored Contents