どこでもOfficeを目指す米マイクロソフトは、11月6日、Androidタブレット向けのOffice プレビュー版の提供を開始しました。製品版は2015年初期に提供予定です。現在プレビュー版を希望するユーザーを募集しており、メールアドレスや使用するAndroidタブレットの情報を入力して登録します。登録自体は英語ですが、プレビュー版で利用したい言語として「Japanese」が選べます。

iPad / iPhone版についてはWord, Excel, PowerPointの国内提供が始まりました

 

プレビュー版ではWord、Excel、PowerPointの3種の神器を提供。新規作成だけでなく、PCなどで作成したOffice文書の編集も行えます。