ロジクールの最上位ゲーミングキーボードG910は12月5日発売。オムロン製スイッチやスマホ連携

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年11月10日, 午後 03:14 in arx control
0シェア
FacebookTwitter


スイスLogitechの日本法人ロジクールは、ゲーミングブランドLogicool G のキーボード「ロジクール G910 RGB メカニカル ゲーミング キーボード」を12月5日に発売します。

G910 はオムロン共同開発の独自メカニカルスイッチROMER-G や、カスタマイズ可能なイルミネーション機能、スマートフォン連携機能などを備えるハイエンドモデル。東京ゲームショウ2014で世界発表されました。



ROMER-G スイッチは、入力と判定されるまでのキーストロークが1.5mm と一般的なメカニカルキーボードより浅く、最大25% 高速に入力可能。キートップには正確な打鍵を可能にする、キーの端が立ち上がった「ファセットキーキャップ」を採用します。

またキートップの光量を均一にするために、RGB LED をキースイッチの中心に配置することも特徴です。バックライトは専用ソフトLogicool Gaming Software で、1680万色の中からキー全体やエリア単位、自動イルミネーションなど様々な設定ができます。

加えてiOS/Android 端末をPC のサブディスプレイやリモコンとして扱うARX コントロールにも対応。ゲームの情報やCPU/RAM 使用率の表示、メディアプレイヤーの操作などが可能です。またキーボード上部にはスマートフォン用のスタンドを備えます。



主な仕様は、日本語108キー、USB 接続、メカニカルキースイッチ(耐久性7000万回)、キーストローク3mm±0.2mm、押下圧45g±20g、キーピッチ19mm、全キーアンチゴースト、10キー同時入力。防水性はありません。

ショートカットキーは、バックライトスイッチ、ミュート、再生/一時停止、停止、前のトラック、次のトラック、ボリュームダイヤル。

9個のGキーはすべてカスタマイズ可能。3モード切替スイッチと組み合わせることで、マクロを含む最大27種類の機能を登録できるほか、MR キーを使うとゲーム中でもマクロを登録できます。

本体カラーはブラック。取扱説明書と大小2種類のパームレストが付属します。

パームレスト大を付けた際の寸法と重さは、D243.5 x W505.5 x H35.5mm、1530g。ケーブル長は180cm。

対応OS はWindows 8.1/8/7/Vista。Logicool Gaming Software はダウンロード提供。イルミネーション機能、ARX コントロール、GキーはSDK を公開しています。

G910 のロジクールストア価格は税別2万185円。発売は2014年12月5日(金)です。

東京ゲームショウでの実機インプレ記事と、本社担当者インタビュー記事もあわせてどうぞ。

ロジクールG910 インプレ。目を引くギミックと高性能を両立したハイエンドキーボード

ロジクールG910 本社担当者インタビュー。スイッチはオムロン共同開発・日本のeスポーツに期待

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: arx control, g910, keyboard, logicool, logicool g, logitech, logitech g series, mechanical keyboard, MechanicalKeyboard, Omron
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents