アイ・オーからコンセント型のコンパクトな無線LAN中継器 WN-G300EXP

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年11月12日, 午後 12:05 in i-o data
0シェア
FacebookTwitter

アイ・オー・データ機器が、無線LAN 中継器WN-G300EXP を発表しました。コンセント直挿し型の製品で、隣のコンセントを塞がないコンパクトさが特徴です。


主な仕様は、802.11b/g/n (2.4GHz/1-13ch)、内蔵アンテナ x 2、消費電力2.4W、WPS (プッシュボタン式)。

WPS 対応親機の場合、設定はWPS ボタンを押すのみで完了します。親機のSSID と暗号キーをそのまま中継するため、それまで繋いでいた機器の再設定は不要です。なおWN-G300EXP を複数使用して距離を伸ばすことはできません。

また親機とは別のSSID に設定する「SSID 変更機能」も搭載。同一のSSID では電波の弱い遠くの親機に繋がることがありますが、別のSSID を設定することで、近くにある電波の強い中継機を狙って接続できます。

対応OS は、Windows 8.1/8/7 SP1 以降/Vista SP2 以降(32bit のみ)、OS X 10.5-10.9、Android 2.2-4.4、iOS 5-8。

セキュリティはWPA2-PSK (TKIP/AES)、WPA-PSK (TKIP/AES)、WEP (64/128bit) に対応。

寸法と重さは、約W42 x D42 x H33mm、約40g。本体の表側には電波強度を色で表すランプを内蔵します。

発売は2014年12月上旬予定。店頭想定価格は税別3980円です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: i-o data, I-oData, io data, iodata, WN-G300EXP
0シェア
FacebookTwitter