OS X Yosemite 10.10.1 アップデート提供開始。WiFi やメールの信頼性向上など

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年11月18日, 午後 12:36 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルがOS X Yosemite 初のアップデート10.10.1を提供開始しました。WiFi やメールの信頼性向上、複数の脆弱性の修正などが含まれます。


10.10.1 の主なアップデート内容は:
  • WiFi の信頼性向上
  • Microsoft Exchange Server に接続する際の信頼性向上
  • 特定のメールサービスプロバイダを使用してメールメッセージを送信する際の信頼性向上
  • 「どこでもMy Mac」を使用してリモートコンピュータに接続する際の信頼性向上
セキュリティ面での修正は:
  • プライベートブラウジング終了後にウェブサイトのキャッシュが完全に削除されない問題
  • Spotlight やSafari がSpotlight Suggestion サーバにアクセスする際に不要な情報が含まれている問題
  • 「このMac について」でモデル名を確認するためにアップルへ接続する際に不要な情報が含まれている問題
  • 悪意のあるウェブサイトにアクセスした際に、予期しないアプリケーションの終了や任意のコードを実行される問題
このほか詳細なアップデート内容は、参考リンク先アップルのサポートサイトへ。

アップルはiOSアップデートも同時にリリースしています。

iOS 8.1.1 提供開始。iPhone 4S / iPad 2 で安定性向上、バグ修正、パフォーマンス改善など
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, os x, os x 10.10.1, OSX, yosemite
0シェア
FacebookTwitter