富士通、ものに情報を付与するLED照明を開発。スマホをかざして表示

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年11月18日, 午後 03:00 in fujitsu
0シェア
FacebookTwitter
富士通研究所が「モノに情報を付与できるLED照明技術」を開発しました。この照明を当てた物体をスマートフォンの専用アプリで画面に映せば、埋め込んだ情報の表示や、リンクするデータのダウンロードができます。富士通ではこの技術を2015年にも実用化する計画です。
 
 富士通が開発した LED 照明技術は、RGB各色の発光する強さを短い時間ごとに強めたり弱めたりすることで2バイトの識別 ID を光に乗せます。光に強弱を付けると言っても、ごく短時間で僅かな変化を与えるだけなので、肉眼で認識できるほどの変化ではありません。

埋め込んだ識別 ID は専用に作ったスマートフォンアプリを使い、この LED 照明を当てた対象物を撮影することで取り出せます。富士通によると、厳密には対象物が反射する光に含まれる識別 ID をアプリで認識し、それに紐付けられたデータをクラウド上のサーバーからダウンロードします。仕組み上は、サーバーを自前で用意することも可能とのこと。

対象物の色によっては照射した光の一部が吸収され、反射光が減衰してしまいます。このため富士通はアプリに減衰した色成分を補正する機能を加えし、元のデータを復元可能としました。
この技術のわかりやすい応用例としては、美術館や博物館で展示物の情報を音声や動画つきで表示する、店舗に陳列した商品に関する情報を表示する、コンサート会場でアーティストを撮影して、演奏中の楽曲をダウンロード購入するといった用途が考えられます。
富士通では、数年前よりテレビや PC の画面を撮影して情報やデータを転送する技術を開発していました。これらの技術は常に何らかの画面をスマートフォンで撮影するものでしたが、今回の技術は画面ではなく実物を撮影するだけでデータを取り出せる点が大きく異なっています。

ただ、上に挙げた応用例のいくつかはQRコードやARタグ等の既存技術でも実現できます。動くものにも対応できる点は新鮮ですが、データを送信する側となる照明機器などが必要なぶん、既存の技術に比べると設置にかかるコストなどは課題となるかもしれません。富士通にといあわせたところ、ARタグよりも読み取り精度が高い利点を活かして適材適所での利用を推進したいとのこと。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: fujitsu, led light, LED lights, lighting
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents