編集部より:Engadget Fes 秋葉原 2014 Winterが目前に近づいてきました。今回、Engadgetブースにてテック系ポッドキャスト番組 backspace.fmが公開収録! その記念というわけではありませんが、backspace.fmのドリキンさんがご自慢の Nexus 6 をレビューします。詳細は続きをどうぞ。

こんにちは、 Engadgetでははじめましてなドリキンです。普段は、Drift Diary XVというブログや、backspac.fmというポッドキャストで活動してますが、 今回、縁あって(というかT編集長の無茶振りにより)Engadgetで記事を書くことになりました。よろしくお願いします。

ということで、ドリキン記事第一弾は、USでも発売されたばかりで入手が困難な Googleの最新AndroidスマートフォンNexus 6の高解像度ディスプレイの性能について調べてみました。

今回Nexus 6を購入するにあたり、一番気になっていたのがこの超Retinaディスプレイとも言える高解像度なディスプレイ。6インチサイズのディスプレイに、ピクセル数で2560 x 1440、ピクセル密度にすると493ppiという 超解像度であります。

Retinaディスプレイという言葉は、元Apple CEOの故ステーブ・ジョブズ氏がiPhoneに初めて採用して 一般的になった高解像度ディスプレイの通称です。300ppiを基準として、これ以上のピクセル密度では、 人間の網膜ではピクセルを認識できないというところから、このRetina(網膜)ディスプレイという名付けられました。

このNexus 6は、その300ppiを大幅に上回る493ppiのディスプレイを備えているということで、 試さずにはいられません。実際、肉眼でもNexus 6の液晶綺麗なのは間違いないのですが、ピクセル密度の違いを 実感するのは難しかったので、今回は、肉眼を遥かに越える超解像度カメラとして定評の高いシグマのDP3 Merrillを使って簡単な比較検証。Nexus 6のほか、iPhone 5s、 Nexus 4 の3機種で比較しました。

まず一枚目がiPhone 5sの写真。Retinaディスプレイの元祖Appleの液晶で、解像度としては、 4インチ液晶にピクセル数で1136 x 640、ピクセル密度で326ppiの性能となります。

次にNexus 4の写真。こちらは4.7インチの液晶にピクセル数で1280 x 768 、ピクセル密度で318 ppi の液晶を備えています。

最後がNexus 6で、前述のようにピクセル数で2560 x 1440、ピクセル密度にすると493ppiの液晶です。とはいえ正直、この状態で見比べても、色味やコントラストの違いはあれど、あまり解像度の違いは分かりづらいかなと思います。

同じ順番で真ん中あたりにピクセル等倍に拡大してみると次のような感じになります。

iPhone 5sの写真。拡大して、ピクセルの格子が確認できるようになりました。

Nexus 4もピクセル格子が確認できます。iPhone 5sとNexus 4の違いは、カタログスペック同様 ほぼ同程度であることが確認できます。



で、Nexus 6の写真。こちらもピクセルの格子は確認できますが、あきらかに解像度が高いことが見てとれます。

さらにもう一段階拡大してみると違いはより明かになりました。

iPhone 5sの超拡大写真。

Nexus 4の超拡大写真。

Nexus 6の超拡大写真。

Nexus 6だけピクセルの並びかたが違いますが、あきらかに他の2つより解像度が高いことが確認できました (うーん、満足!)。その一方、スティーブ・ジョブズ氏が言ってたように肉眼ではその差がほとんど判別できないことも確認できました。

ちなみにNexus 6とほぼ同じ6インチ液晶サイズのiPhone 6 Plusは1920 x 1080px(401ppi)の 液晶を備えています。

ピクセル数が多いということは、その分処理能力やバッテリー駆動時間にも影響を及ぼすので、 やみくもに高い方がいいというわけでありません。従って、Nexus 6の全体的な性能バランスがどの程度かはもうちょっと検証が必要です。

今後この超解像度の液晶を活かしたコンテンツが出てくるのかも興味深く、引き続き注目していきます。

ちなみに私、ドリキンも今回、US発売直後のNexus 6を持って、 Engadget Fes 2014冬に参加します。以下の会場図7番のEngadgetブースにて公開収録していますので、興味があればブースまで来てください。実際のNexus 6をお見せすることもできますので、ぜひ参加して気軽に声をかけてください! 現場の様子は@drikin@backspacefm でご確認ください。

11月24日、アーツ千代田 3331で会いましょう

場所はアーツ千代田 3331です(秋葉原の中央通りを北に進んで銀座線末広町駅からすぐ)。
  • 日時:11月24日12時~(受け付けは11時30分〜)
  • 参加費:8000円(早割3000円、前売り6000円)、小学生以下無料
  • 会場:アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-4)
  • イベント協力:Peatix、WAG Inc.
スタッフ一同会場にてお待ちしております。お誘い合わせの上ぜひご参加ください。




個人情報の同意
お申込みいただきました個人情報は、下記のAOL.JPの個人情報保護方針のもと、本イベント関連情報の提供に利用するとともに、本イベントの協賛企業各社へ提供いたします。なお、無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。個人情報に関する詳しい取り扱いについては、こちらまでお問い合わせください(メールでのお問い合わせはこちら)。

ボランティアスタッフ募集

また当日のお手伝いをしてくれるボランティアスタッフ(30人程度)も併せて募集します。Tシャツなどの記念品をお渡しするほか、ミートアップにも無料でご招待します。ボランティアの希望者はこちらの募集要項をご覧の上ご応募ください。

出展やプレゼントのご提供について

出展や来場者へのプレゼントなどでご協力をご希望の方(個人/法人ともに)はこちらまでお問い合わせください。

その他の Engadget fes についての記事