IoT (Internet of Things)、いわゆる「もののインターネット」の普及を前に、インテルが独自のIoTプラットフォーム Intel IoT Platform を発表しました。

Intel IoT Platform は、超小型IAプロセッサ Quarkを載せたGalileo や Edisonなど末端のデバイスやセンサーからクラウドまでを統一して提供するプラットフォーム。

それぞれを結ぶコネクティビティやゲートウェイ、またデバイスから集まった情報を解析するアナリティクスや、全体をカバーするセキュリティソリューションなども含みます。



インテルはこのIoTプラットフォームをソリューションプロバイダーに販売し、各社が電力なり物流なりマーケティングといったニーズにあわせた「何でもインターネット」ソリューションを顧客に販売します。

Intel IoT Platform と同時にパートナーとして発表されたのは Accenture, Booz Allen Hamilton, Capgemini, Dell, HCL, NTT DATA, SAP, Tata Consultancy, Wiproの各社。



IoTといえば、スマートフォンやタブレットではSnapdragonやモデムチップで他を圧倒したQualcommも、あらゆるものがつながる系プロトコルや業界アライアンスで着々と手を打ちつつあります。IoTが普及すればコンピュータやデバイスを使っている意識もなくとにかく便利にスマートにインテリジェントに、といった宣言文句はよく聞きますが、プラットフォーム違いでユーザーが困ることも時代遅れになるよう祈りたいところです。