ASUSから13cm角のミニデスクトップ ViVoMini 発売、4K出力対応モデルやベアボーンも用意

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2014年12月10日, 午後 06:05 in asus
0シェア
FacebookTwitter

ASUSは ミニデスクトップPC「VivoMini UN62」と「VivoMini UN42」を12月12日(金)に国内発売します。131mm(13.1cm)角というコンパクトな筐体が特徴。4K出力対応モデルやベアボーンも用意します。OS入りモデルの実売価格は3万5130円から。

VivoMini UN62 / UN42シリーズは、幅131mm x 奥行き131mm x 高さ42mmというコンパクトな筐体が特徴。人によっては手のひらに乗るサイズ感です。

このうち UN62 は 4K出力 が可能な高性能モデル。

OS入りとなる「UN62-M040R」の主な仕様は、Intel Core i5-4210U、4GB RAM、128GB SSD、Windows 8.1 64bitなど。予想実売価格は8万1370円(税別)前後の見通しです。

OSやSSD、RAM、キーボード、ポインティングデバイスが付属しないベアボーンモデルは、Core i5-4210Uを搭載する「UN62-M021M」と、Core i3-4030Uを搭載する「UN62-M020M」の2種類。予想実売価格はそれぞれ4万6250円(税別)、3万8630円(税別)前後です。



一方の UN42 は廉価版という位置づけ。OS入りの「UN42-M024Y」は Intel Celeron 2957U、2GB RAM、32GB SSD、Windows 8.1 with Bingを搭載。予想実売価格は3万5130円(税別)です。

ベアボーンモデルの「UN42-M002M」は Intel Celeron 2957U を搭載。予想実売価格は2万2000円(税別)前後です。

インターフェイス類はUN62 / UN42で共通。HDMI 1.4a×1、DisplayPort 1.2a×1、USB 3.0×4、カードリーダー(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、MMC)×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1を備えます。IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0も対応。

また付属アプリのASUS Wi-Fi GO!を使用すれば、スマートフォンやタブレットでASUS VivoMiniを操作可能。ASUS Media Streamerを使えばVivoMiniを出先からファイルにアクセスするためのメディアサーバーとしても利用できます。

2014年12月12日(金)に国内発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, ASUS vivoMini
0シェア
FacebookTwitter