京急空港線のトンネル内で携帯電話が利用可能に。12月24日開始

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年12月17日, 午後 09:05 in au
0シェア


京急電鉄、NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルは2014年12月24日(水)から、京急空港線のトンネル内で携帯電話サービスを提供します。

新たに通信可能になる区間は大鳥居 - 国内線ターミナル間。
なお京急および携帯各社は今回のエリア拡大について、「携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信が可能となります。 また、事故や災害発生時などの非常時においても、情報収集の手段としてご利用いただけます。」とし、通話が可能とは述べていません。

実際には通話も可能とは思われますが、リリースには「車内での携帯電話のご利用は、優先席付近では携帯電話の電源をお切りいただき、それ以外の場所ではマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください」という列車内でよく耳にする文も記載しているため、あくまでもこの取り組みの目的はトンネル内でのデータ通信を可能にすることのようです。


このほか鉄道会社による通信サービスの拡充としては、東京メトロと東京都交通局が都内の地下鉄駅で、JR西日本が特急列車内で、それぞれ無料Wi-Fi サービスを提供開始しています。


(なおリリース文では、今回エリアに加わったのは京急空港線の京急蒲田 - 羽田空港国内線ターミナル間。一方でリリースの画像では大鳥居 - 国内線ターミナル間を対象エリアとして囲んでいます。

この違いについて京急に問い合わせたところ、京急蒲田 - 大鳥居間は地上のため従来から通信できるので、正確には画像の通りが新規サービス提供エリアと回答がありました。)

東京の地下鉄143駅で無料WiFi サービス提供、12月1日の始発から開始

JR西日本、初の列車内無料WiFi サービスを提供。訪日外国人向けに12月1日開始
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: au, Au KDDI, docomo, kddi, kddi au, ntt docomo, softbank, softbank mobile, SoftbankMobile, tunnel, ymobile
0シェア