Google が一部の地域で、「楽曲名+歌詞」での検索結果に直接歌詞を表示するようになりました。従来はいわゆる歌詞サイトへのリンクが検索結果として並んでいたのに対して、トップに歌詞そのものの一部が直接表示されます。


結果に歌詞の全文は表示されないかわりに Google Play へのリンクがあり、クリックした先ですべての歌詞を参照したり楽曲を購入できるようになっています。



Googleは自前の音楽サービス Google Play Music (All Access)や、先日から招待制ベータが始まったYouTubeの定額制音楽サービス YouTube Music Key での配信について数千万曲に上る楽曲の権利者と契約しています。

検索結果への歌詞表示は、米国の一部のユーザーが一部の楽曲で確認したのみ。サービスとしての提供開始が段階的なのか、楽曲の権利関係によるものか、はたまた歌詞データベースが不完全なためかは分かりませんが、有名曲でGoogle Playで扱っていても表示されない場合が多数あります。

いずれにせよ、大半の楽曲の歌詞について直接表示とGoogle Playへのリンクがトップに表示されるようになれば、歌詞を確認したくて検索したユーザーにとっては便利になる一方、これまで検索からのトラフィックに頼ってきた広告ベース歌詞サイトは大打撃を受けることになりそうです。