エイサーが業界初15.6型大画面 Chromebook 15 発表。フロントスピーカーを2基、250ドルから

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年01月5日, 午前 06:58 in Acer
0シェア
FacebookTwitter


エイサーは 1月3日(現地時間)、CES2015の開幕に先駆け 15.6型ディスプレイのChromebook 15 を発表しました。

11~13型が主流のChromebookにおいて15インチ以上のChromebookは業界初。13.3インチのモデルより表示面積が27%向上し視認性が向上します。解像度は1920 x 1080のフルHD。大画面かつ高精細でコンテンツ閲覧時のスクロール量を減らせるほか、ビデオ再生や写真閲覧、文字の表示が明瞭になります。

なお節約志向のユーザー向けに1366 x 768の低解像度モデルも用意。両解像度とも画面反射を抑えたComfyViewにより眼精疲労を抑えたとしています。

プロセッサはIntelの第5世代 Core i3 または 次世代 Celelon。ストレージ容量は16GBまたは32GB、RAMは2GBまたは4GBから選択できます。インターフェイスは 802.11ac、Bluetooth 4.0、USB 3.0ポート、USB 2.0ポート、SDカードリーダーなど。

ビデオチャットを快適に楽しめるよう、WEBカメラのほか、フルサイズのフロントスピーカーを2基搭載します。

本体サイズは393(W) x 256(D) x 24.2(H)。質量は2.2kg。

詳細な仕様や発売時期、地域はまだ発表されていません。米国での希望小売価格は249.99ドルから。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Acer, chromebook, chromebook 15, google
0シェア
FacebookTwitter