ネットワーク製品でおなじみの台湾D-Linkが、開催中のCES 2015にあわせてWiFiルータのハイエンドモデルAC5300 / 3200 / 3100 を発表しました。

ステルス機のような異星生物のような本体に8本のアンテナを備え、最上位のAC5300では3バンド同時で計5330Mbpsの超高速通信に対応します。


AC5300の主な仕様は、2.4GHz帯1000Mbps と 5GHz帯 2165Mbps x2 で計5330Mbpsの同時3バンド対応、環境に応じて最適な電波送信で死角をなくすビームフォーミングのAdvanced SmartBeam、1.4GHzデュアルコアプロセッサ、ギガビットイーサネットポートとUSB 3.0接続など。下位モデルのAC3200 / 3100は名前が最大転送速度を表しています。



手で持ち歩く必要がなく形状が比較的自由な据え置きWiFiルータは、特にハイエンドモデルでは禍々しいマルチアンテナも相まって、完全に計算された機能美だけのように見せつつ実はメーカーそれぞれに「未来的・先鋭的」イメージの視覚的デザインに力を入れる製品です。D-Link AC5300 / 3200 / 3100 も、通常の何倍か分からない高速に加えて艶のある真紅の表面や、宇宙から攻めてきそうな形状が実に心ときめきます。

D-Link Ultra Wi-Fi Router AC5300 / AC3200 / AC3100 シリーズはこの春から発売予定。一部オンラインストアの価格ではAC3200が310ドルなど。